あるがままに生きるために〜"祈りと喜びで育つ畑"エンパス男子の日々のキロク〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

僕たちの圧の正体

こんばんは。

エンパス男子の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える、

そんな暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

その中で、Sangoファーム中城という畑の園主をしており、

薬や肥料を使わず、水やりもせず、祈りと喜びで畑を営む日々。

 

昨日、勇気を出して伝え合いをしたという話をしましたが、

その話し合いの中で気づいたことのお話し。

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

相手に対して、

上から目線になったり、高圧的になったり、批判的になったり。

 

発言や態度の中に、

なんらかの圧が出るときがあります。

 

僕たちはとっても敏感さんの集まりだから、

この"圧"にとっても反応します。

 

圧を感じると、

責められているように感じるし、

緊張し、恐れて、逃げ出したくなる。

 

だから相手の言うことに反抗したくなる。

 

同じ内容を人から伝えられたとしても、

圧が出ているかどうかで、全然受け取り方が違うのです。

 

 

つまり、

圧を出している相手を"怖い"と感じてしまう僕たちで、

圧を出す人のことを強い人、恐い人だと勘違いしてしまうわけです。

 

でも実は、

これって結構勘違い。

 

圧を出している当の本人も実は、

めっちゃ”怖がっている”のです。

 

 

たいていの場合、

圧を出したくて出しているわけじゃない。

 

でも無意識に力が入ってしまい、

緊張してしまっているのです。

 

何に緊張しているのか?

そこにもいろんな怖れがあります。

 

相手のことが理解できない怖れ。

自分の伝えていることがちゃんと伝わるかという自信のなさ。

相手を怒らせてしまわないかというビビリ。

 

そんな怖れから、

緊張し、声が大きくなり、早口になり、語気が強くなる。

 

怒ってるから圧が出ているのではなく、

怖がっているから圧が出ているのです。

 

 

そんな圧に関して、

もう一つ発見したこと。

 

「大丈夫?」「ちょっと今おかしいんじゃない?」

などの相手を気遣う言葉。

 

そんな言葉の中にも、

"圧"が出ているときがあるのです!

 

相手を思う言葉の中にある圧。

 

その圧の奥にある怖れは、

「自分を変えたくない」という怖れ!!

 

目の前の人が変だったりしんどそうだったりすると、

自分の身にも火の粉が降りかかるかもしれない。

 

自分の今やっていることをやめなきゃいけないかもしれないし、

大変なトラブルに巻き込まれるかもしれない。

 

穏やかな日常が大好きで、

変化が怖いアスぺな僕たち。

 

だからこそ、

自分の状況が変わる可能性を敏感に察知し、

そうならないようにそうならないように立ち回ろうとする。

 

その結果としての、

「大丈夫??」という言葉だったりするときがあるのです。

 

厄介だ!!笑

 

そのくらい、

変わることが怖い、ビビリな僕たちもいるってことです。

 

そうやって自分を変えないように立ち回ろうとすればするほど、

変わらなきゃいけない状況に見舞われるのが、

世の中の常というもの(笑

 

だからビビリな自分にさっさと観念して、

変化にオープンマイハート!!

 

そんな訓練の日々ですね。

 

伝え合いの中にはたくさんの気づき合い。

学びをいただきありがとう。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20210925223007j:plain