あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

頑固さの奥にあるもの

正しさを主張すること。

その奥にある気持ちはなんだろうか?

 

相手には、

僕には見えていない、

僕の姿が見えているかもしれない。

 

100パーセント、

自分が自分を理解しているなんてことは、

到底ありえない。

 

にもかかわらず、

相手の意見に対して、

「でも私は〜なんです。」

「だって私は〜だから。」

と主張する時、

 

立ち止まって考える必要がある。

 

「なぜ自分はいま、

反論しているのだろうか?」

と。

 

その反論は、

自分のプライドを守るため

であることが往々にしてあるのだ!

 

 

相手の意見に対して、

「そうなんです!」

「そういうところがあると思います。」

と言える素直さ。

 

そこには、

自分を変化させようとする、

開かれた心がある。

 

 

反対に、

「それは違います。」

「私はそうではありません。」

と頑なに自分を押し通すこと。

 

それは、

頑固さであると言える。

 

頑固な人は、

自分にしがみついているのです。

 

自分を変化させようとしていない、

閉じた心がそこにはある。

 

 

なぜ心を閉ざすのか?

 

そこには、

相手の意見を認めてはならない。

負けてはならない。

 

という気持ちがある。

 

負けるとどうなるのか?

 

自分が自分でいられないと思っている。

自分の居場所を失ってしまうのだと思っている。

 

弱い自分ではダメだという思い込みがあるのだ。

弱い自分だと周りの人に否定されると思っているのだ。

 

 

そして頑固に自分の正しさを主張する。

 

するとおかしなことが起こる。

 

正しさばかりを主張されると、

周りの人は苦しい。

 

自分の意見に耳を傾けてない人と、

話をすることはエネルギーがいる。

 

負けん気で正しさばかり主張すると、

相手もその上を行く正しさを主張しようとして、戦いが起こり始める。

 

良かれと思って意見を言ったのに、

戦争が起こってしまうのはとても疲れる。

 

そして、

頑固な人の相手をしたくなくなる。

 

すると結果的に、

頑固な人は居場所を失ってしまうのだ。

 

自分を守ろうとすればするほど、

自分を助けてくれる人がいなくなる。

 

なんというパラドックス

 

頑固さ、恐るべし!!!

 

 

自分の意見を主張すること自体が、

ダメなわけではない。

 

大切なのは、

その奥にある想い。

 

過去の自分を守るためなのか?

新たな自分に歩ませるためなのか?

 

自分をしっかり見つめる必要がありますね。

 

ある対話を通じて、

そんな姿を見させていただき、

自分にも大いにあることだと、

学ばせていただきました。

 

元来、

僕もとっても頑固で威張り屋だからこそ、

とても突き刺さる気づきでございました。

 

与えられた学びの機会に感謝です。

 

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20200119001434j:image

畑のおかげで前に進める

いま僕が園主をしている、

「Sangoファーム中城」。

 

この畑は、

Sangoファーム中城になる以前から数えると、

もう7年以上向き合っている畑。

 

f:id:naturalhspman:20200117230616j:image

 

この畑に僕はとても支えられていて、

この畑のおかげ様で、

変わろうと思える今がある。

 

人はそれぞれ、

何かのきっかけで、

自分を変えようと決意する。

 

それが、

家族関係だったり、

仕事だったり、

病気だったり、

人によって様々だ。

 

僕にとっては、

7年間向き合い続けているこの畑が、

それにあたる。

 

 

この畑を通じて、

酸いも甘いも、経験してきた。

 

悔しい思いもたくさんしたし、

嬉しいことたくさんあった。

 

 

人に対しては、

嘘がつける。

 

上から目線になり、

人のせいにして、

自分を変えずに相手を変えようとする、

傲慢不遜な癖が僕には強くあった。

 

 

そんな僕に対しても、

自然は嘘をつかなかった。

 

僕の行動の結果を、

畑は全て見せてくれた。

 

 

だから、

どんな想いや行動が、

どんな結果につながっていくのか?

 

それが経験として、

よく理解できるようになった。

 

 

まだまだ人間的に未熟な僕。

 

悲しみに浸ったり、

イライラしたり、

拗ねたり、

 

様々な感情に、

自分が振り回されることがある。

 

 

そんな時、

この畑での経験が

僕を奮起させてくれる。

 

今この感情に囚われたままだったら、

こうなるだろう。

 

そんなことが、

理解できるのだ。

 

 

僕が変化することで、

畑はたくさんの喜びを見せてくれた。

 

沖縄に来た当初とは、

全然違う畑になった。

 

そんな変化がとても嬉しい。

 

 

だからこそ、

過去の自分に浸るのではなく、

自分を超えようと思える今がある。

 

そして、

自分を許し、進化することを通じて、

また新しい畑の喜びに出会えることが、

楽しみなのです。

 

ゆえに、

今日も新しい自分に向けてトライ!

 

何度も転びますけれど、

前に進む自分にまるっ!

 

この畑に感謝を込めて。

 

f:id:naturalhspman:20200117232228j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の自分を超えてゆく

僕たちは、

過去の気持ちを繰り返し体験している。

 

毎年、

成人の日を迎えるたびに、

なんだか落ち込んでいく僕がいます。

 

というのも、

 

母の命日が1月23日で、

その年が僕の成人式を迎えた年。

 

つまり、

母が生きるか死ぬかの時に、

僕は成人式を迎えたのです。

 

当時の僕の混乱は、

なかなかすごくて、

素直に喜べず、友人とも交わる気になれず、

成人式を楽しむどころではなかったことを、

覚えています。

 

そんな気持ちを、

成人の日を迎えるたびに、

思い出すのです。

 

 

今年もそんな気持ちを思い出し、

低迷してゆく僕の気持ち。

 

そんな時、

はたと気がついたのです。

 

僕は毎年、

この日を迎えるたびに、

この悲しみに浸ってしまうのだろうか??

 

母の命日が近づくたびに、

気持ちを澱ませ、

自分を前に進まなくさせてしまうのだろうか?

 

日常の中で、

僕たちは過去の感情を、

なんども追体験している。

 

何かのきっかけで、過去を思い出し、

その時とった自分の行動・癖を、

繰り返し再現する。

 

実は無意識に、

日々を繰り返しにしてしまっているのは、

僕たち自身。

 

 

つまり、

そんな繰り返しに気づいた時、

僕に用意されている選択肢は2つ。

 

浸るか、超えるか。

 

過去の感情に浸り、

また同じ時を過ごすのか?

 

過去の自分を超えて、

新しい自分で今を生きるのか?

 

同じ選択は、

同じ結果しか引き寄せない。

 

僕が心の底で望む新しい現実、

「喜びに生きる今」は、

自分を超えた先で出会うものなのです。

 

re-zero-anime.jp

 

このアニメに、

強烈なメッセージをもらいました。

(18話が最高でした。僕にとって18話のためにあるアニメ笑)

 

結局のところ、

諦めるか、前に進むか。

 

その2択。

(同じこと2回言った!!たいせつだから!)

 

そして諦めなければ、

何度でもチャンスは与えられている。

 

ならば、

この悲しみは今日は超えます。

 

悲しみを受け入れ、

笑ってやります。

 

「自分に気づく」のその先へ。

 

「過去の自分を超え、

喜びに切り替える。」

 

そんなチャレンジの一年にします。

 

結局何度も同じことにチャレンジしてるわけですが笑

 

諦めなければ、

試合終了はないのです!笑笑

 

旧正月に向けて、

決意新たに。

 

今日の気づきに感謝です。

 

まるっ!

 

f:id:naturalhspman:20200117002909j:imagef:id:naturalhspman:20200117002909j:imagef:id:naturalhspman:20200117002909j:image

 

 

 

 

笑われたらええじゃないか

 

関西人気質だからか、

子どもの頃から、

笑いを取れることが憧れでした。

 

でもクソがつくほど真面目な僕は、

なかなかそれが苦手で、

いつもヤキモキしていた記憶があります。

 

そんな僕でございますが、

最近とっても笑いが取れるようになってきたのです!

(自分が思ってるだけかもしれないけどね!笑)

 

というか、

何より自分がとっても笑えて楽しいのです。

 

 

沖縄に来て7年。

そこには僕の大きな変化がありました。

 

 

沖縄に来たばかりの僕は、

とっても頑固者。

 

自分の障害も認識しておらず、

プライドが高く、

なんでもできると思い込んでいました。

 

しかし、

実際にはできないことだらけ。

 

当時、

畑のボスや先輩、

一緒に同居していた仲間は、

 

時には諌め、

時には笑い、

 

様々な形で、

僕のことを教えてくれていました。

 

 

しかし、

僕はできない僕を受け入れることができず、

ことごとく抵抗。

 

いつもそんな周りの人たちに怒ってばかりいたのです。

 

畑で失敗して、

いじられてはプンスカし、

 

生活の中で迷惑をかけ、

怒られては拗ね、

 

大工の棟梁の仕事を手伝う中、

不器用さを叱られては反抗し、

 

もうほんと手に負えない、

めんどくさい人間でした。

 

 

でも、

何度かそんなことを繰り返していくうちに、

徐々に本気で、

「僕ってできないんや!!」

と認めることができるようになってきました。

 

もこさんの、

「とにかく笑われなさい。自分を笑いなさい。笑われたもん勝ちよ」

と伝えてもらったことも大きかった。

 

とにかく、

何度もできない自分にぶち当たり、

自分を受け入れ、

プライドを降ろして降ろして降ろしまくる日々。

 

失敗した自分を笑うことも、

最初はとってもぎこちなかったけど、

いつしか本当に可笑しくて、

愉快に笑えるようになってきたのです。

 

大工の先輩や年上の人たちにも、

「僕できないんですよねー!!」

と素直に笑って言えるようになってきたのです。

 

すると、

僕の世界が変わってきました。

 

僕ができない!と自分を降ろすことで、

みんなが手を差し伸べてくれるようになりました。

 

僕のことを笑ってくれる人が増えることで、

いつの間にか笑いが取れるようになりました。

 

なにより、

自分を笑えて、

みんなも笑ってくれて、

僕がとっても嬉しいのです。

 

僕の世界に、

笑顔と喜びが増し増しなのです。

 

自分を降ろすこと、

できない自分を受け入れることで、

 

こんなにも世界が明るく、優しくなるとは、

思ってもみませんでした。

 

 

笑わせようとしなくても、

笑われたらええじゃないか。

 

そのぐらい自分を笑えたらええじゃないか。

 

そんな風に思える今が、

とっても嬉しいです。

 

 

とはいえ、

まだまだまだまだ、

プライドも高いです笑

 

悔しがりです笑

 

昨日も餅のつき方がおかしいと言われて、

くそー!!となった僕がいました笑笑

 

根が殿様気質なのです。

 

そんな自分もまた良し👍

悔しさもまた向上心になりますから!!

 

降ろせるプライドはどんどん降ろし、

降ろせないプライドはバネにして、

 

上にも下にものーびのび!

 

どんな自分もまるにして、

自由を広げる。

 

そんな一歩に、

今日もまるっ!

ですね。

 

本日も気づきに感謝です。

 

f:id:naturalhspman:20200112213519j:image