あるがままに生きるために〜発達障がい人がコミュニティで活きる日々〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

ハートを開いて、自分を超える

こんばんは。

発達障がい人の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える

暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

役職が変わると、

やることも変わる。

 

この7月に新たな役割をいただいた僕ですが、

その結果として"人との交渉ごと"が増えました。

 

本日も対外的な交渉ごとの日でございまして。

 

経験の少ない僕にとっては、

なかなかセンシティブな交渉ごとだったので、

ドキドキしておりました。

 

自分一人のことだと、

「まぁいっか。」

と妥協しちゃう気持ちになる癖がありますが、

 

団体の代表としていくのであれば、

そういうわけにもいきませぬ笑

 

 

僕らの学びの書『遺伝子易経』において、

僕は"引き寄せ"という場所に6番の遺伝子の鍵があります。

 

 

"引き寄せ"は、

カルマ的な人間関係を引き寄せる力を担っている場所。

 

そして6番は、

心の闇:争い、天の才:交渉術、天の光:平和

 

 

つまり僕は、

自分の人間関係のカルマを解決するために、

争いや交渉に関わる人を、

人生に引き寄せまくる宿命にあるのです。

 

つまり今回も計画通り笑

 

自分を鍛えるありがたい機会を

いただいているということなのです。

 

 

とにかく必要なのは、

発想を広げること。

 

"今までの自分"の考え方からは、

"今までやってきた"交渉しかできないわけで。

 

進歩がない、妥協的な、

交渉になってしまいかねない。

 

特に僕は、

物事を穏便に解決しようとしすぎるあまり、

自分を下げてしまう癖があります。

 

6番の心の闇の抑圧的振る舞いは、なんとしてでも人々の間の平和を取り持とうとします。この傾向は、完全に恐れに根差したものであり、このような人々は、自らの感情的な環境をコントロールし続けるために、自分に完全に妥協しているということです。

 

『遺伝子易経』6番の心の闇の抑圧的振る舞い"過剰な気遣い" より抜粋

 

相手優先で物事を考え、

自分を諦めてしまう。

 

それが今までの僕の、

コミュニケーションにおける癖。

 

それを超えていく必要があるわけです。

 

今回は与えられた機会に対して、

事前に人生の先輩方に相談に乗っていただき、

さらに司法書士さんにも話を聞いていただきました。

 

こういったときに、

相談できる人が周りにいるって本当にありがたいこと。

 

これまで交渉ごとへチャレンジから逃げてきたために、

とにかく経験がなく、そして常識もわからない、発達障害な僕。

 

何が常識で、何は守る必要があって、

そしてどの部分なら交渉の余地があるのか。

 

今回の交渉に向けて、

ロスタートで、準備しました。

 

司法書士さんに教えていただいたことは、

"譲り合う気持ち"。

 

どちらにも言い分がある、都合がある。

そして、相手は敵じゃない。

 

争い始めたらキリがない話。

でもそれがしたいわけじゃない。

 

だからお互いに譲歩し合いながら、

話を進めていくことが大切であると、

伝えていただいたのです。

 

相手を敵とし、

過剰に気遣い、傷つかないように自己防御するのか?

 

それとも、

相手に対してハートを開き、

自分たちの正直も伝え、互いにとって良きように交渉するのか?

 

結局のところ、

問題は自分の態度にあるのです。

 

 

おかげさまで今回は、

勇気を出して、心を開き、

妥協しすぎずに、押さえるところは押さえ、

自分たちにとってもよきような交渉ができました。

 

1つ1つの出来事が、

自分を超えるチャンス。

 

まだまだチキンハートな僕ですが、

今回もありがたい機会をいただき、

成長することができました。

 

 

一仕事終わって、一安心!!笑

 

交渉ごとはこれからも引き寄せられることでしょう。

どんどんレベルアップしていこ〜!

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

 

 

試されているのは信仰心

こんばんは。

発達障がい人の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える

暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

「神への献身」という映画を先日見ました。

 

filmarks.com

 

実話に基づく映画だったのですが、

とても素晴らしい映画でございました。

 

「こんな世界を実現したい。」

そう決めた瞬間から、

その人の物語は始まっていて。

 

どんな問題が起こったとしても、

信じる心を決して忘れず、

全てを糧として突き進む姿に、

とても影響を受けました。

 

"献身"という言葉は、

僕たちの学びの書である遺伝子易経の中にもあります。

 

 

 

遺伝子易経29番。

心の闇:中途半端、天の才:深い関与、天の光:献身

です。

 

やると決めた物事に対して、

僕たちの姿勢は2つしかないことを、

この番号は示唆しています。

 

"中途半端"か"深い関与"か。

 

確固たる深い関与がそこになければ、いかなる行動にも価値はありません。好き嫌いに関わらず、何かを中途半端な気持ちで始めるならば、何もしない方がましです。

 

『遺伝子易経』29番より

 

1つ1つの物事に対して、

どんな気持ちで取り組んでいるのか?

 

それは大きな夢だけでなく、

日々のこともしかり。

 

掃除や洗濯、大工仕事に、人とのコミュニケーション。

 

どれ1つ取っても、

中途半端にやるくらいなら、

やらない方がまし。

 

なんと刺激的で清々しい真理。

 

そして深い関与の力がすごい。

 

一度、深い関与がなされれば、

あとは目的地までは自動操縦。

 

一旦、深く関与すれば、将来や目標について考える必要はありません。なぜなら、深い関与の中に、既に到着地点の青写真が含まれているからです。(中略)

29番の天の才にとって、目標達成は重要ではありません。本当に重要なことは、旅路の終着地点まで進み続ける深い関与です。

 

『遺伝子易経』29番より

 

計画も将来設計も必要ない。

深い関与さえあれば、必要な場所にたどり着くことができる。

 

だからこそ、

試されているのは信仰心。

"自分=内なる神"を信じる心なのです。

 

絶対に大丈夫。

すべては宇宙の采配で、

うまくいっている。

 

そう信じれるかどうか。

 

そして僕たちを様々な出来事を通じて僕たちを試すのもまた、

内なる恐れ。

 

中途半端になってしまうのは、

心の奥にある恐れに気づかないからなのです。

 

 

昨日、ある出来事について、

自分の中に躊躇が生まれました。

 

それは、

Sangoの出費に関わる出来事で、

無意識にブレーキをかけたくなる自分がいました。

 

そんな自分を見つめてみたら、

「なくなることへの恐れ」をもつ自分に気づいたのです。

 

さらに見つめていくと、

「なくなることを恐れているということは、

"どんな出来事も必要だから起きている。"

ということを信頼できていない自分なんだ。」

ということに気づいたのです。

 

それは面白くないじゃないか!!

 

恐れが自分に諦めを生み、

中途半端な選択をしようとしている自分がいました。

 

Sangoには理念という光がある。

そこに向かって日々を確実に一歩一歩、歩んでいる。

 

いままでも7年間ずっと、

様々な試練を乗り越えて歩んできた。

 

そんな自分たちを、Sangoを、

そして宇宙をもっと信頼しよう。

 

そう思い至り、

ブレーキを手放す決断をすることができました。

 

中途半端を手放し、

深い関与へ飛び込むことができたのです。

 

 

自分の中に、

向かう先、目指す光を見出した瞬間から、

試されているのは信仰心。

 

試練を通じて恐れを乗り越えるたびに、

内なる光は大きくなっていく。

 

また1つ、

自分の恐れに気づき、信じる心を育むことができました。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

・僕たちの生きるコミュニティ『一般社団法人Sango』

www.sangookinawa.org


・僕たちの民宿『やんばるの宿 ゆい』

yaaninjuyui35.wixsite.com



・僕たちのお惣菜屋さん『発酵おうちごはん かりぃ』

yaaninjuyui35.wixsite.com

0に向かう。新しい自分になる。手放すなら徹底的に。

こんばんは。

発達障がい人の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える

暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

昨日から今日にかけて久しぶりに、

Sangoファーム中城でお泊まり。

 

f:id:naturalhspman:20220925223230j:image

 

約1ヶ月以上ぶり。

こんなに畑を離れているのは、

初めてなんじゃないだろうか。

 

自分のお布団で久々におやすみし、

朝は自分の衣服の断捨離をおこなっておりました。

 

先日の巡礼にて、

初めて自分のために女性物の服を買いました。

 

f:id:naturalhspman:20220925223612j:image

 

自分の女性性を受け入れる喜びに気づいたことから、自分の波動が切り替わっていて。

 

今までの自分の衣服が、

フィットしなくなっている自分がいたのです。

 

受け入れたら、

次は手放すこと。

 

遺伝子易経の29番を今日読んでいたら、

中途半端は何も生まない。

的なことが書いてありまして。

 

やるからには、

深い関与が必要である。

 

切り替えるなら徹底的に。

過去の波動を自分に残すことはしない。

 

というわけで、

今の自分の波動に沿わないものを、

とことん手放すことにしました。

 

f:id:naturalhspman:20220925223839j:image

 

冠婚葬祭用にとっていたスーツや、

"かっこいい”自分になりたくて置いてあった男性的なオシャレ着など。

 

いつか誰かの結婚式に呼ばれるかもしれないし。

とか、

この寝巻きはまだ着ようと思ってたら着れるしなぁ。

とか、

 

憶測や妥協で残していたものは、

とにかく手放す。

 

今の自分にピンとこないものは、

即手放す。

 

「また買うとお金かかるし。」

「もったいない」と

今まではお金のことを気にして、

手放せなかったことものたちも、

かなり徹底的に手放しました。

 

巡礼の旅のおかげさまで、

いまの持ち金はほぼゼロ!!

 

でも気にしません。

 

何もかもを0にする。

 

手放したら入ってくる。

の実験です。

 

0になればなるほどに、

なんだか力が湧いてきます。

 

貯金を残していた頃は、

なくなっていくことにめちゃビビっていたのに、それが嘘のよう笑

 

あるからこそないをみる。

ないからこそあるを見出す。

 

何事も中途半端では、

見えてくるものも見えてこないのですね。

 

さてこの実験が、

どんな広がりを見せてゆくのか。

 

楽しんでゆきまっしょい!

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

 

 

 

 

僕たちの神殿づくり

こんばんは。

発達障がい人の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える

暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

昨日、

『神への献身』という映画を観ました。
(2もありますが、今日鑑賞予定)

 

ある牧師の半生を描いた映画ですが、

見えない存在としての"神"への信頼と、

そこに身を捧ぐ献身の覚悟に心打たれました。

 

献身という意味で言えば、

Sangoの理念の中にも、

"宇宙規模の奉仕や意識革命を実現する。"

という一節があり、

 

Sangoという場所もまた、奉仕であり献身を通じて、

意識革命を実現する場所なのだということを受け取る今日。

 

引き続き僕は、

ブロック壁にモルタル塗りを楽しんでおりました。

 

 

ある瞬間に、

この壁塗りもまた献身であるということに気づきました。

 

Sangoという学び舎を育んでいくこと。

 

たくさんの人を受け入れ、共に学びを分かち合い、

そして送り出す、学び場を創ること。

 

そこに自分の身を捧げている。

 

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

数日前は、

子供の砂遊びの延長線上にある、

大人の遊びだと受け取っておりましたが、

 

同時に、

自分の命をこの場所に奉仕しているのだ、

と今日は受け取ることができました。

 

自分たちの神殿を、

創り、整えている。

 

そう思うと、

尊い気持ちが溢れてきて、

とても嬉しくなりました。

 

自由な遊びであり、

自分たちを育む経験をさせてもらえていることが、

奉仕にもなっている。

 

なんて有難いことだろう。

 

改めて、

この場所を育めていることに、

喜びを感じた今日でした。

 

神殿の壁塗り、

めちゃいい感じでございます。

 

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

・僕たちの生きるコミュニティ『一般社団法人Sango』

www.sangookinawa.org


・僕たちの民宿『やんばるの宿 ゆい』

yaaninjuyui35.wixsite.com



・僕たちのお惣菜屋さん『発酵おうちごはん かりぃ』

yaaninjuyui35.wixsite.com

没頭という今ここ

こんばんは。

発達障がい人の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える

暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

本日もブロック壁のモルタル塗り作業。



11時から初めて、
あれやこれや試行錯誤し、

気がつけば16時!

 

5時間ぶっ通しで、

没頭しておりました。

 

 

こんなに1つのことに集中している日々は久しぶりで、

自分でもびっくり。

 

先のことばかり気にしてしまうのは、

過去にいるから。

 

作業を終えて、没頭モードからはずれると、
先のことをあれやこれや考え始める自分がいて。

 

途端に圧を感じる!!笑

 

先のことを考えなきゃ!となるのは、

不安な気持ち。

つまりは過去の傷。思い込み。

 

没頭という"今"におれた時間が現実。

大切ですね。

 

全ては自然の流れ。

信頼すること。

 

それを味わうために、

今から映画みまーす!

 

filmarks.com

 

それではみなさまおやすみなさい。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!

 

 

 

子どもの遊びの延長線上に今がある

こんばんは。

発達障がい人の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える

暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

今日も引き続き、

ブロック壁を立ち上げております。

 

f:id:naturalhspman:20220920204530j:image

f:id:naturalhspman:20220920204514j:image

 

慣れれば慣れるほどに

どんどん楽しくなってきまして。

f:id:naturalhspman:20220920204623j:image

 

最初はブロックを積んでいくだけで精一杯だったのに、

今は「いかにすれば美しい壁になるか?」を探求しております笑


f:id:naturalhspman:20220920204156j:image

 

自分たちのお家を、

自分たちでやりたいようにリフォームする。

 

建築という名前で呼ぶと、

堅苦しく思えてしまいますが、

 

これも結局は、

子供の遊びの延長線上にあるもの。

 

砂山を作ることを楽しんでいたことが、

ブロックと砂とセメントと鉄筋を使って、

物作りするようになっただけのこと。

 

なんてったって自分ちだしね!!笑

失敗したって、

笑い話にすればいいのです。

(昔この場所に玄関を作っておりましたが、それは台風で吹き飛ばされております😆失敗の積み重ねの上に今がある。)

 

今日はブロック壁のモルタル塗りに

初挑戦しました。 

f:id:naturalhspman:20220920204201j:image

 

ブロックのままだと壁がガサガサするので、

質感をツルツルにするためにセメントと砂を混ぜたモルタルを薄く塗ってゆきます。
f:id:naturalhspman:20220920204152j:image

最初は不慣れでしたが、

徐々にきれいにできてきました。

f:id:naturalhspman:20220920204148j:image

 

この壁塗りも、

結構技術のいる作業なので、

 

今一緒にSangoのお抱え大工をしてくれている中さんにお願いしようかという話になっておりました。

 

でも、

せっかくの機会だし、

せっかく自分たちの家なのだから、

 

「自分でやってみたい!」

と伝えることをしてみました。

 

これも実験。失敗したっていい。

経験できることを楽しもう。

 

やること、進めることに意識がゆきがちで、

いささか追われるように作業しておりましたが、

 

「遊び」に立ち返ることができた今日でした🥰

 

明日も遊びを楽しもう〜!

 

今日の気づきに感謝です。

まるっ!!

 

悩むこともよし

こんばんは。

発達障がい人の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える

暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

昨日、滞在されていた仲間との学びの時間が一区切りいたしまして。

 

自分の中にスペースができた時に、

生まれてきたのは、

今までストップさせていた検討事項の数々。

 

作業など動くことが好きで優先しがちな僕は、

考える作業を後回しにするところがある。

 

考え事は基本的に夏休みの宿題扱い。

締め切りにならないと進まない。

 

結果的に考え事が頭に溜まって、

どこかで爆発してしまう。

 

それがまさに今日でした。

完全に頭がショートしてしまいフリーズ。

 

朝からミーティングの予定でしたが、

パニックになって話し合いに向かえず、

ゆりさんに話を聞いてもらって、

落ち着く時間が必要でした。

 

悩んでいることがあるということを、

受け入れきれない僕がいて。

 

とにかく待てない。

早く結論を出さないといけない気持ちになる。

 

しかし、

物事を決めることがとても苦手なので、

待てない自分が決められない自分にイライラ。

 

悩んでいるという状態自体を、

ダメにしている僕がいました。

 

悩んじゃダメだから、

即断即決しないといけないからと、

 

悩んでいることを伝えられず、

1人で抱え込んでしまう黄金パターン。

 

 

それが爆発した今日で、

気持ちを聞いてもらいながら整理して、

落ち着いた後、

 

自分の悩みに関わる仲間に、

悩んでいることをそのまま正直に、

「悩んでいる。」とLINEで伝えることができました。

 

何に悩んでいるのか、

どんな気持ちがあるのか、

正直に書いて、グループLINEに共有。

 

すると、

仲間たちから真摯なお返事が来て、

確りと意見を伝えてもらえて、

なんだかとてもホッとし、

自分の中で道が開け、

悩みがひとつ解決しました。

 

ほんと1人で抱え込みすぎだなぁ笑

 

悩んでいることは、

必要だから悩んでいる。

 

分かち合って初めて、

見えてくる答えがある。

 

「悩みは愛ですからね。」

と伝えてもらった言葉が、

身に沁みた今日でした。

 

引き続き悩んでいることがありますゆえ、

確りと大切に、でも抱え込みすぎずに、

向き合ってゆきます。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20220919205145j:image