あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

魂は理解を待っている

こんばんは。

アスぺ&敏感男子の大北です。

 

僕は

本当のこと、耳が痛いことを

言われることに対して、

とっても怖がり。

 

そうだとわかっていても、

認めることが嫌だったことが、

たくさんありました。

 

いい人づらしてずる賢かったり、

無責任だったり、

主体性がなかったり、

守銭奴だったり笑

 

自分が認めたくなかった

「こんな自分じゃダメだ」

と思う自分が

たくさんおりました。

 

だから、

そういった部分を指摘されると、

最初はすごく抵抗していました。

 

「僕はそんなじゃありません。」

「勘違いじゃないですか??」

 

みたいな生意気な口を

よく聞いていたものです。

 

でも、

様々な失敗を経験し、

やらかし大明神になっていくと、

 

「自分って本当にポンコツなんだなー!!!!笑」

って笑えるようになってきました。

 

認めたくなかった自分を、

認めれるようになってきたのです。

(イェイ!!)

 

すると、

とっても自分に安心して、

楽に生きれるようになってきたのです。

 

今までは、

自分に対して厳しすぎたのです。

 

完璧になれるわけないのに、

完璧ばかり目指して、

アップアップしていた自分がいたのです!

 

本当のことを伝えてもらえたから、

そんな自分に気づくことができました。

 

そして、

その理解こそ魂の喜びなのだと、

気づくことができたのです。

 

 

魂は理解を待っている

本当のことを言われた時、

肉の自分は「傷ついた」と感じます。

 

でも同時に、

魂の自分は「気づいた」ことに

喜んでいるのです。

 

光に還った母を、

「いい人しすぎて病気になった。」

「病気になってまで得たいものがあった。」

と僕は理解したのでございます。

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

ともすれば、

「病気になっても頑張って生きた人に

なんてこと言うんだ!」

言われてしまいそうな理解でございますが、

 

霊媒さんを通じて、

光に還った母の魂は、

気づいてくれた喜びを

伝えてくれたのです。

 

その経験から僕は気づいたのです。

 

魂の世界に、

いい・悪いはないのです。

 

愛されたくていい人しすぎることも、

金のことばかり考える守銭奴も、

自分の意見のない主体性ゼロ男も、

 

魂にとっては、

ただの事実であり、

 

ありのままの自分でおれず

無意識であることが

「苦しい」だけなのです。

 

だから、

無意識の「苦しみ」に

気づいてくれたことは、

魂にとって喜びなのであり、

 

魂はいつも、

僕たちの理解を待っているのです。

 

耳が痛く思ったり、

反応して感情が動くような指摘でも、

心の奥深くでは実は喜び、

気持ちが安心しているのです。

 

 

僕たちがいい悪いのジャッジを手放し、

どんな自分も「まるっ!」にして、

苦しみを理解し、意識できるほどに、

 

魂は輝き出し、

ありのままで生きる喜びを、

感じることができるのですね。

 

 

今日も気づきに感謝です。

 

まるっ!!

f:id:naturalhspman:20190702150204j:plain

 

 

そんな僕たち(笑)と一緒に生活する仲間を募集中なのです♫

www.sangookinawa.org

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキング参加実験中。ポチっとしてくれると嬉しいです!

 


人気ブログランキング

ランキング参加実験中。こちらもポチっとしてくれると嬉しいです!