あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

過去の傷を光に還す。

おはようございます。

アスぺ&HSP男子の大北です。

 

Sangoというコミュニティで、
共同生活を送る中で、
自分を理解し、成長させながら、
喜びに生きる実践を続けております。

 

www.sangookinawa.org


そんな日々の自分研究ノートを、
こうして皆様に開けっぴろげにしているわけでございます。

  

こうして表現を続けていると、

ある疑問が浮かんでます。

 

僕の過去の話、

ネガティブばっかりじゃね??」

 

ブログの記事だけをざっと読んでいると、

さも僕の人生がとても辛く悲しいものであったかのように思えてきます。

(そう見えるのは僕だったりして笑)

 

家族に全然愛がなかったかのように見えてしまったりしてたら、

本当にごめんちゃい。

 

家族のことは大好きです。

生まれ変わっても、この家族がいいです。

 

辛く悲しい記憶ばかりではないのです。

 

思い返せば、

嬉しかったこと・楽しかったこと、

山ほどあります。

 

しかし・・・!!

 

心の奥底に残っている記憶の多くは、

痛みの記憶なのです。

 

なぜ、嬉しいことより、

辛いこと・悲しいことばかり覚えているのか??

 

この不思議を今日は見つめてゆくのです!

 

負の感情は重く、喜びは軽い

怒り、悲しみ、憎しみ、

そんな負の感情はとても重いです。

 

一方、

喜びや楽しみといった感情は、

とても軽やかです。

 

感情には重い・軽いがあるのです。

 

例えば、

敏感体質の僕たちは、

目に見えない霊体と

お話しすることがよくあります。

 

様々な霊体とお話ししますが、

多くの霊体は負の感情を持って、

現世に留まっています。

 

そんな負の感情のお話を聞き、

それが喜びに切り替わった時、

彼らは光に還ってゆくのです。

 

そのお手伝いをすることが、

僕たちにはあるわけです。

 

海外ドラマの『ゴースト』でも、

 

dlife.disney.co.jp

 

主人公メリンダは、

幽霊たちの現世での心残りを解決し、

光に還るお手伝いをしていますが、

 

そのようなことを

しているわけです。

 

つまり、

霊体も負の感情を持つと、

重くなって現世に留まってしまうのです。

 

そして、

喜びに切り替わった時、

軽くなり、光に還ってゆけるのです。

 

痛みに気づき、光に還す。

ということは、

肉体を持った僕たちにも、

同じことが言えるわけです。

 

辛い・悲しい記憶は、重いから、

ずっと体に残っているのです。

 

一方、

嬉しい!楽しい!ことは、

とても軽いのです。

だから、光に還ってゆき、

あまり記憶に残りません。

 

「嬉しいことは続かない」という言葉をよく聞きますが、

その言葉はこういった原理からくるのだと理解します。

 

幸せであり続けるということは難しいのです。

だって幸せは光に還ってゆくわけですから笑

 

ずっと重いものを背負いながら、

喜んで軽やかに生きることはさらに難しいわけです。

 

だからこそ僕たちは、

喜んで生きるために、

体に残っている“痛み=辛い・悲しいなどの負の感情”

と向き合う必要があるのです。

 

つまり僕は、

不幸自慢がしたいわけではないのです!!!

(自分を弁明しております笑)

 

自分の痛みを理解し、

喜びに切り替えていく訓練をしているのです。

 

 

沖縄に来るまで、

僕はそれが全くできませんでした。

 

生まれてこのかた、

いい子で生きていた僕。

 

自分がいい子であるために、

家族も“いい家族”だと思い込ませてきました。

 

なんの痛みもない、

完璧な家族だと。

 

20歳で母が死んだ後も、

その悲しみを友人の誰にも伝えることができず、

 

沖縄に来るまでずっと、

母の死を英雄譚のように語ってきました。

 

自分の中にある、

母の死の悲しみも怒りも、

全部蓋をして、

「僕は幸せなんです。」

と言い続けてきました。

 

重い感情を抱え続けて、

生きてきたのです。

(昔付き合っていた人に、「あなたはなんか重いのよ。」と言われた経験が。。。

当時はよく理解できなかったけど、今ならその意味がはっきりとわかる!!笑)

 

そんな自分に沖縄に来てから気づきました。

 

母の死にとても傷ついていたこと、

そして

幼い頃からたくさんの傷を抱えていたことに、

気づいたのです。

 

それらを一つ一つ、

光に還して生きました。

今も日々自分を見つめ、

喜びに切り替える訓練を続けています。

 

おかげさまで随分軽くなってきました。

落ち込んでも切り替えが早くなりました。

 

イェイ!!

 

自分を通じて、

そして学びを分かち合った方々を通じて確信したのは、

 

完璧な家族なんて存在しない!!

 

ってこと。

 

いい人なんていないし、

いい家族なんてない!

 

誰しもが、

痛みや悲しみをどこかで抱えていて、

それを受け継いでいる。

 

だから僕らは肉体を持って現世に留まっているわけで、

ここで喜びに還る訓練をしているのです。

 

痛みがあって、当たり前なのです。

  

だから、

ありのままでいいと、

今は確信します。

 

一番繋がりが濃い家族だからこそ、

愛したくて、愛されたいのです。

 

その期待があるから、

怒ったり、悲しくなったり、嫉妬したり、

認めて欲しかったり、諦めたり、

 

いろんな感情が渦巻くわけです。

  

愛しちゃてるんだから、

仕方がないですね。

 

喜びに生きる上で、

家族は一番のテーマではないかとすら思えます。

 

だからこそ、

家族を通じて、自分を理解するのです。

 

一番幼い頃から付き合い、

一番痛みがある場所だから、

 そこに喜びに変わる宝物がたくさんあるのです。

 

それをずっと見つめ続けている今なのです。

   

最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

 

今日も気づきに感謝です。

 

まるっ!

 

 

f:id:naturalhspman:20190827230947j:plain

 

 

 

こんな僕たちと一緒に学びあいませんか??

www.sangookinawa.org



 
草木染めや生葉染め体験もやっています。

yaaninjuyui35.wixsite.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキング参加実験中。ポチっとしてくれると嬉しいです!

 


人気ブログランキング

ランキング参加実験中。こちらもポチっとしてくれると嬉しいです!