あるがままに生きるために〜"祈りと喜びで育つ畑"エンパス男子の日々のキロク〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

気持ちは両方伝えていい

こんばんは。

エンパス男子の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える、

そんな暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

その中で、Sangoファーム中城という畑の園主をしており、

薬や肥料を使わず、水やりもせず、祈りと喜びで畑を営む日々。

 

「したい!」という気持ちもシンプルなものだけじゃない時もある。

 

「したいけど、大変そう。」

「やってみたいけど、正直ドキドキしてる。」

「やめてほしいけど、相手の意思も尊重したい。」

 

などなど、

 

純粋に喜びで「したい!」だけならよかったけれど、

そうじゃない気持ちが付随することもある。

 

そんな時僕は、

「したい!」だけを相手に伝えてしまいがち。

 

大変だと思ってる自分、緊張してる自分、

相手の気持ちも大切にしたい自分、

がいることは伝えず、

「してみたい!」だけを嬉しそうに伝えてしまう。

 

でもそうすると、

表現できなかった自分の気持ちは、

モヤモヤし始める。

 

自分に嘘をついてる気がして、

「したかった」はずのことになんだか素直に取り組めない。

 

そして結果的に、

「大変さ」が勝ってしまって、

したいはずのことを楽しめなくなってしまうわけですよ!

 

そんなやらかしが、

最近ございましてん私。

 

そして、

「したいって伝えてくれたのに、どうして大変っていうの??」

的な話になり、

 

すれ違いMAXでございました。

 

でもそこで、

「実はこんなことが大変だと思ってて、」

とかとか正直に伝えていくと、

 

「大変だ!」という気持ちが手放されてゆき、

「したい!」という気持ちがシンプルに上回っていき、

 

結局最終的には、

したいことができてたのしかった!

で終わることができたのです。

 

だから、

「したい」気持ちも、

それに付随する「そうじゃない」気持ちも、

両方伝えてみて、手放してあげたらいい。

 

そしたら気持ちが整理されていって、

本当に「したい」ことがなんだったのかが見えてくるのです。

 

また自分に気づく良ききっかけでした。

なんどもやらかし、訓練訓練の日々ですね。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20210803230921j:image