あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

光を導く祈りの言葉

 「始めに言葉ありき。」

 

そう記されるくらい、

言葉は始まりであり、全て。

 

それほどまでに深く、

言葉を認識し、大切にできているだろうか?

 

そんなことを自分に問う今があります。

 

 

どんどん敏感になってきている最近。

 

自分と向き合うほどに、

敏感さに気づくようになってきました。

 

先日のミーティングでも、

周りの人たちの動きや感情にすごく敏感でした。

心の声がどんどん聞こえてくるのです。

 

嬉しい、楽しい、つまらない、困惑、焦り、無関心などなど、

様々な感情が伝わってきます。

 

そしてそれに自分も反応し、

困惑、パニックし、

どんどん小さくなっていく。

 

すると、もはや何が自分で、

何が相手なのか、

わからなくなってくるのです。

 

自分が闇におおわれていきました。

 (えらいこっちゃ!)

 

 

そんな時ほど大切なのは、

自分の光を導く言葉だと、

今日学びました。

 

「私は愛。」

「私は光。」

「自分はこうだ。」

「自分はこうする。」

 

そんな祈り・宣言を、

自分に対してしてあげること。

 

それは、

ただ言えばいいってわけじゃない。

 

自分の怖さや弱さを無視して、

自分の心に知らん顔して、言っても、

強くは響かない。

 

 

自分の闇を理解し、

そんな自分に真剣であるからこそ、

 

自分をなんとかしたい!

自分を進化させたい!

という強い想いがあるからこそ、

 

言葉に光が宿る。

 

そして、

自らの内から光が顕れる。

 

そのことを

理解することができました。

 

 

闇が訪れることは、

自らの光が試されるということ。

 

自分を見失いそうな時こそ、

「私はこう在る。」

という態度が試され、磨かれる。

 

だから毎日、

自分を書くのです。

自分を語るのです。

自分に真剣に祈るのです。

 

発する言葉を通じて、

自分に気づき、自分の光を導き出す。

 

その繰り返しが、

自らの光への確信となってゆく。

 

 今日もまたその一歩を歩んでいるのです。

 

 

有難いことは、

自分を見失っている自分に、

気づいてくれる仲間がいること。

 

受け入れてくれる

安心な環境があるということ。

 

だからこそ、

闇を嫌わず、真剣に向き合い、

自分の光を強くしていける今があるのです。

 

本当に有難いです。

 

 

今日も真剣に、自分と向き合い、

また一つ光の階段を上がれたことに感謝です。

 

まるっ!!

 

 

 

f:id:naturalhspman:20190918195730j:plain

 

こんな僕たちと一緒に学びあいませんか??

www.sangookinawa.org



 
草木染めや生葉染め体験もやっています。

yaaninjuyui35.wixsite.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキング参加実験中。ポチっとしてくれると嬉しいです!

 


人気ブログランキング

ランキング参加実験中。こちらもポチっとしてくれると嬉しいです!