あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

“ご立派”な言い訳

f:id:naturalhspman:20180925182109j:plain

めんどくさがり、できれば何もしたくない、そんな僕もいる。

 

あなたは立派すぎる

「立派すぎて、ついていけない。」

 

先日、パートナーさんと喧嘩した際に、

告げられた一言。

 

きっかけは、

8月に新しくパートナーさんと始めた

スタートした「ゆりひろ工房くくる」の件。

 

 

パートナーさんと2人で草木染め体験や物販やってます

yaaninju-yui35.hateblo.jp

 

 

その物販用の商品の写真撮影を約束していたのに、

ずっと先延ばしにしてたのだ。

 

「どうして私たちのことを先延ばしにするの?」

 

そんな感じでこのケンカは始まった。

 

僕はとっさに答えた。

「やることがたくさんあるから、優先順位を考えてる。」

 

 

大北さんって一体なにやってるの?

そうです。

大北、最近結構やることたくさんあるのです。

(僕、大北って言います。ブログでは名前を明かすのは初笑)

 

急ですが、話は逸れますが、

私の自己正当化のために、

皆様にもわかるように解説しよう!

 

一般社団法人Sangoに所属し、東村慶佐次で仲間と共同生活を営む僕ちん。

 

①現在、畑部門“Sangoファーム中城”の園主として、

 畑仕事をメインでやっております。

 

okinawasangohigashi.ti-da.net

こんな感じで活動してるよ

 

一般社団法人Sangoの広報担当として、公式HPを鋭意製作中。

(Sangoが何してるところなのか。

理解しにくい現状があるので、作ることにしたYO!)

 

www.facebook.com

ブログ、Facebookページはあるよ!

 

③草木染め工房「ゆりひろ工房くくる」

最近始めました〜!草木染めの体験や物販がメイン。

よんなーよんなー活動してます。

 

④その他Sango内でのお家作りやら、

 草刈りアルバイトやら、諸々やっております。

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

草刈りの様子はこちら!

 

 

 

と、まぁそんな感じ。

 

ふふふ。

こうやって書くと、なんだかとっても多忙な人風ですね。

 

 

優先順位はいかに?

自己陶酔はほどほどにして笑

閑話休題

 

そんなわけでパートナーさんとのケンカの中で、

優先順位を主張したわけです、私。

 

「Sangoファーム中城は自分が責任者だから、最優先で考えてる。

HPもSangoのみんなに関わることだから。

僕が動かないと、みんなの動きに関わる。

 

ゆりひろ工房くくるはあくまで二人の個人的なことだから、

みんなのことを優先すべきだと思う。」

 

なんて真っ当な弁舌を展開したわけです。

 

そしたら、パートナーさんから冒頭の一言をいただきました。

 

「あなたは立派すぎる。私はあなたみたいには考えれない。

ついていけないし、自分が小さく感じる。」

 

そんな風に言われて、

 

あれ?なんだかおかしいな?

と思い始めた僕ちん。

 

僕ってそんなに立派な人だったっけ???

 

ご立派のウラのホンネ

そしてよくよく自分を見つめてみた。

 

Sangoのため?みんなのため?

ほんとところはどうなの僕ちん?

 

そして気づいた。

 

 

僕、めんどくさがってるやん・・・!!!∑(゚Д゚)

 

 

草木染めの物販、写真撮影をしたとしても、

まだ決まってないことが色々あった。

 

料金、配送、案内諸々。。。

 

それを考えることに難儀を感じていた僕がいた。

 

一方、一般社団法人SangoのHPのことも、

Sangoファーム中城の畑仕事も、

もうイメージは決まってる。

 

あとはもう何も考えずやっていくだけ状態。

すいすいできちゃう。

だから優先順位を高くしてた。

 

草木染め物販の写真撮影の先を見て、

考えることが色々あることを無意識に見て、

めんどくさがり、後回しにしてた僕がいたのだ!

 

そんな自分を見せたくなくて、

みんなのためだとか大層な大義名分に包み込み、

隠し通そうとした僕ちん。

 

なんたる所業。。。

 

 

そんなことに気づいちまったもんなので、

正直にゆりさんにお伝えした。

 

こんなかっこ悪い僕。ずるい僕。

なんて言われるだろう。

ドキドキ。

 

ドキドキ。

 

 

そしたらゆりさんは、

「なんだかとてもあなたらしいですね。ホッとした。」

と笑ってくれたのです。

 

 

なんと・・・!! 

寛大すぎる。。。泣

 

 

僕もすっごくホッと。

 

こんな僕を受け入れてもらえて、

とても安心したのでございました。

 

 

 

 

かっこ悪い自分を受け入れられなくて、

見せて嫌われてしまうのが怖くて、

 

突っ張っちゃったり、

ご立派になってしまおうとしてしまうけれども、

 

そんな弱い自分を許して、

素直に、正直に自分の気持ちを伝えたほうが、

 

自分も周りも安心するのだなぁ。

 

 

そんなことを感じた出来事でございました。

 

ありがとう、ゆりさん。