あるがままに生きるために〜"祈りと喜びで育つ畑"エンパス男子の日々のキロク〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

【気づき】目の前のこと、たんたんと。

こんばんは。

エンパス男子の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える、

そんな暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

その中で、Sangoファーム中城という畑の園主をしており、

薬や肥料を使わず、水やりもせず、祈りと喜びで畑を営む日々。

 

今日から東村に来ております😆

 

ゆりさんたちがやっている古民家の改装工事のお手伝い。

 

前回は庭の整備を頑張った場所。

 

f:id:naturalhspman:20210527163800j:image

 

しかし一方で、

心のどこかで「手伝いしなくちゃ!」でしていたために、体も痛くなり、ボロボロに笑

 

したいことをすることの大切さを学んだ前回。

 

今回は「喜びでやる」リベンジでございます。

(リベンジとは大層な笑)

 

今日は、

木材を切ってペンキ塗り。

 

f:id:naturalhspman:20210527164128j:image

 

前回とは打って変わって、

たんたんと落ち着いて、楽しむことができました!!

 

意識したことは、

目の前のしていることにただ集中すること。

 

木材を磨く。

長さを測る。

鉛筆で線を引く。

線に沿って切る。

切り口を磨く。

ペンキを塗る。

 

やることはただそれだけ。

純粋にそれだけを見つめる。

 

僕たちは何事にもいろいろと意味づけしがち。

 

「これは僕のやりたいこと」とか、

「〇〇のためにする」とか、

「今回はお手伝い」とか、

 

意味づけすることによって、

同じ木材を切ること一つでも、

 

「したいこと」にも「しなきゃいけないこと」にもなってしまう。

 

例えば僕だったら、

自分が責任を持っている畑でのDIYだったら、

「したいこと」としてできるのに、

 

他の人のお手伝いだったら、

「しなきゃいけない」気持ちになってしまって、やりたくなくなる笑

 

それが前回起こったこと。

 

理由や意味づけばかりに囚われて、

目の前のすることが見えていなかったわけです。

 

でも今日は、

目の前の作業そのものに喜びをみることができました。

 

木を磨いてツルツルになった肌触り。

寸法通りに綺麗に切れたこと、

ペンキで塗られて変化していく色艶。

 

一つ一つを楽しむことができました。

 

やってること自体楽しいことのはずなのに、

意味づけすることで負担に変わっちゃうなんて、僕はめんどくさい生き物です笑

 

全ては順調で、うまくいっている。

 

自分のことであろうと人のことであろうと、喜んですること全てが宇宙へのご奉仕。

 

自分を喜んで差し出せたことが嬉しい!!

 

そんな日でした。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!