あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

【気づき】断られることが嬉しいと、初めて感じた日

こんばんは。

HSP男子の大北です。

 

最近、

自分の仲間に、

あるお願いをしました。

 

とてもドキドキしながら、

お願いしました。

 

でも、

 こんな学びをしたばかりだったので、

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

勇気を出して、

自分の最大限の望みを、

相手に伝えました。

 

その相談を聞いて、

仲間は、

とっても考えてくれました。

 

自分の部屋に戻り、

5分くらい考えました。

 

その結果、

その仲間が出してくれた答えは、

Noでした。

 

「あなただけを特別扱いするわけにはいかない。」

そう答えてくれたのです。

 

 

自分の最大限の望みを、

遠慮することなく、

思いっきり伝えてみた。

 

その結果、

断られた・・・!!!

 

 

そのことに、

僕は自分が落ち込んでしまうかと思いました。

 

でも、

蓋を開けてみたら、

あら不思議。

 

とっても嬉しかった僕がいたのです!!

 

 

僕はその人に、

とても甘える傾向にありました。

 

よくお願い事もし、

自分だけが甘えさせてもらえているのではないか?

という気持ちもどこかにありました。

 

故に、

自分だけが特別扱いさせてもらえているかもしれない

ということに、

心のどこかで罪悪感を感じてもいたのです。

 

 

だから、

今回のお願いを、

相手がNoと言ってくれたことで、

 

とっても安心したのです。

 

 

甘えあった関係ではなく、

ちゃんと距離感をもって、

僕と付き合ってくれているのだ。

 

特別扱いじゃない。

平等に付き合ってくれている。

 

 

そして、

それだけちゃんと距離感があるのであれば、

 

僕が今後、

どんなお願い事をしたとしても、

ちゃんと分別をもって、

その人自身にとっての可否を判断してもらえる!

 

ってことは、

僕も相手を信頼して、

思いっきり相談していいってことだ!!

 

 

相手が断ってくれることによって、

自分の罪悪感が解消され、

 

より相手を信頼できるようになったのです。

 

 

Noを言うことは、

ちゃんと相手と距離感を保つこと。

 

自分を大切にすること。

 

それができるからこそ、

誠実に相手と向き合え、

信頼し合える関係性ができてくる。

 

 

そんなことに気づいた、

とても嬉しい経験でございました。

 

そんな学びをいただけたことに、

感謝です!!

 

f:id:naturalhspman:20200312215210j:plain

 

🌻お知らせ🌻

・敏感男子大北は、皆様にお力をお借りしたいことが!!✨

 よければ是非読んでくださいませ!☺️

peraichi.com

 

・3月15日はSangoマルシェ。

 Sangoメンバーの手作り商品がずらり!

 うちのお野菜が買えるチャンスなんやで〜! 

yaaninjuyui35.wixsite.com