あるがままに生きるために〜"祈りと喜びで育つ畑"エンパス男子の日々のキロク〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

【畑】祈りが届く畑かな

こんばんは。

エンパス男子の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティSangoの住人で、

“祈りと喜びで育つ畑”Sangoファーム中城の園主をしております。

 

今期の畑の新たな方向性として、

耕さない畑を実験しようとしているのですが、

 

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

 

すべてを耕さない畑にしてしまってはつまらないので、

 

せっかくだから、

耕した畑と耕さない畑の違いを実験してみることにしまして、

昨日一部の土を耕したわけでございます。

 

f:id:naturalhspman:20201202203440j:plain

 

すると驚くべきことに・・・

めちゃんこ土が柔らかい!!!!!!

 

まじでもうめちゃめちゃ土が細かく柔らかいのです。

 

こんなに土の粒子が細かかったのは、

 

Sangoが始まる以前、

前の畑主が

堆肥を入れていた6年前以来です・・・!!

 

その後、

この畑の主体がSangoに変わり、

3年前から正式に「Sangoファーム中城」がスタート。

 

4年以上無施肥で畑をやっているわけでございますが、

Sangoファーム中城が始まった当初のこのエリアは、

土がゴロゴロに硬くて・・・

 

堆肥や有機質を入れないだけで、

こんなに土が硬くなってしまうのかと愕然としたものでした。

 

でも、

人の想いと畑はつながっているのだから、

 

畑に何も入れなくても、

関わる僕たちが祈り、喜べば、

 

畑の微生物たちにその喜びが伝わり、

かならず畑は豊かになってゆくはずだ。

 

そう信じて、

無施肥でここまでやってまいりました。

 

そしてついに、

こんなに柔らかい土になったのです!!

 

f:id:naturalhspman:20201202204444j:plain

 

ちなみに2年前の畑がこちら。

f:id:naturalhspman:20201202204256j:plain

(写真を探すのに苦労しました笑 )

 

土の粒子の細かさの違い、

伝わるでしょうか・・・!!

 

うちの畑としてこの細かさはすごいんです。

 

ただでさえ、

ここの土はすっごい粘土質で、ゴロゴロとしやすい土。

 

しかも沖縄は暑いので、

堆肥などを入れても、1年で全て分解されてしまって、

またゴロゴロの土に戻ってしまう。

 

だから毎年、

堆肥などの有機質を入れる必要がある。

 

そう畑の師匠から教わってきました。

 

でもいまのこの土は6年前、

堆肥を混ぜていたころ以上の細かさになっております。

 

何も施肥しなくとも、

自然は自ら土を豊かにする力を持っている。

 

そして僕らの想いを受け取り、

土の微生物たちはその力を最大限に発揮してくれる。

 

そのことを改めてみせてもらった、

本日でございました。

 

僕たちの信じてきた道は、

決して間違ってなかった。

 

また一つ大きな自信に繋がりました。

 

すごくすごくありがたいです。

 

引き続き、

感謝と祈りと喜びをもって、

畑とともに歩んでゆきます。

 

今日も気づきに感謝です。

 

まるっ!!

 

🌿お知らせ🌿

・こんな僕たちが集まるコミュニティがこちら。

www.sangookinawa.org

 

・メンバーが民宿もやっております。アスぺなお宿(笑

 だからこそ育まれるくつろぎ空間と、体に優しく美味しいお食事。
 ぐっすり寝れます(笑 オススメです。

yaaninjuyui35.wixsite.com