あるがままに生きるために〜"祈りと喜びで育つ畑"エンパス男子の日々のキロク〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

仲間のアドバイスに耳を傾けきれない理由

こんばんは。

エンパス男子の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える、

そんな暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

その中で、Sangoファーム中城という畑の園主をしており、

薬や肥料を使わず、水やりもせず、祈りと喜びで畑を営む日々。

 

関係性が近くなる程、

相手が伝えてくれたことに耳を閉ざしたくなってしまう。

 

自分と縁があまりない、

Youtubeなどの動画の中の有名人や先生の話には

耳を傾けることができるのに、

 

同じアドバイスを仲間からされると、

拒絶反応を示してしまう。

 

家族に対してやってきた反発心を、

仲間たち、特に尊敬して慕う相手に

投影してしまう僕がいます。

 

自分では一生懸命聞いてるつもりでも、

なんかぼんやり聞こえるし、頭に入ってこない。眠くなる。

 

憧れて、尊敬しているはずなのに、

どうして耳を閉ざしたくなるのだろう??

 

そんな自分を今日は見つめておりまして、

はたと気付くのです。

 

「同じことを何度も指摘されることに、

途方に暮れる自分がいる。」

ということに。

 

また同じことをしてしまった。

という自分に対して、

かなりの拒絶感を抱いている自分がいるのです。

 

思い返せば幼い頃から、

できることはできるけど、

できないことはとことんできない僕でした。

 

だから同じことを何度も親に叱られるわけです。

 

最もよく叱られたのは、

忘れ物と夜更かし。

 

この2つに関しては、

しょっちゅう叱られ、それでも改善は見られず、

 

もはや叱られる時間は、

ただ耐えるだけの時間に。

 

何度も繰り返しすぎて、

「どうせ自分は変われない。」

という諦めに至っているのです。

 

諦めの気持ちで、

親の意見を聞いているから、

全然心に響きません。

 

馬の耳に念仏。

ただ親の怒りが過ぎ去るのを待つだけの時間です。

 

 

子供の頃の諦めの気持ちは、

そこらかしこにあって。

 

運動もできない。図工もできない。音楽もできない。

かっこよくない。

 

数少なくできたことは、

勉強とゲームだけど、勉強は上には上がいる。

 

それなりに頭がいい方でしたが、

本当に頭がいい人たちはもはや殿上人。

 

そこには分厚い壁があり、

どれだけ頑張っても、

絶対に届かないような気持ちでいました。

 

だから勉強も本気の本気では取り組まず、

塾の宿題はあらかじめ渡された解答を丸写し。

テスト勉強だけそこそこ頑張るスタイルでございました。

 

結果として、

僕のアイデンティティを保っていたものは、

ゲームだけ。

 

だから、

ゲームがしたくてしたくて夜更かしして、

結果として叱られる。

 

どこもかしくもできないだらけ。

自分に対する諦めの気持ちがとても強い子ども時代。

 

 

近しい人に対しては、その頃の家族に対する癖で、

反応をしてしまう僕がいたのです!

 

相手からの意見やアドバイスに対して、

無意識に耳を閉ざしてしまうのです。

 

心の中の"諦めの傷"、

「自分はどうせ変われない。」「何度やったって無駄だ。」

という気持ちが思い起こされ、

 

「僕はこういう人間なんだから、同じこと叱ったってしゃーないやん。」

「アドバイスする方がわからず屋やねん。」

という反抗的な気持ちになり、

(ひどい笑)

 

相手の話を受け止めるのではなく、

聞き流す自分になってしまうわけです。

 

「アドバイスしてもらったことを受け止めて、さらに成長しよう!!」

とはならない。

自分の非を認めず、相手のせいにする。

 

そのぐらい、

親に同じことで叱られるのが超嫌だったし、超怖かったのです!!笑

 

 

相手の話を聞こうとしても、

聴ききれない。

 

その奥にある気持ちに気づくに至って、

一つまた体が軽くなりました。

 

 

同じことを繰り返したとしても、

こうしてまた一つ気づきがあって、

確実に前に進めている。

 

だから全部"諦め"につなげる必要はないんやで!

 

 

幼少期から積み重ねられた心の傷は、

本当に細かく自分の行動を左右している。

 

だからこその管理監督ですね。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20211022221349j:plain

(明日は山歩き。楽しんでいきまっしょい!)