あるがままに生きるために〜発達障がい人がコミュニティで活きる日々〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

相手を待つより、こちらから動く

こんばんは。

エンパス男子の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティ"Sango"に所属し、

安心の中で喜びを分かち合える、

そんな暮らしの場を仲間とともに育んでおります。

 

その中で、Sangoファーム中城という畑の園主をしており、

薬や肥料を使わず、水やりもせず、祈りと喜びで畑を営む日々。

 

「聞いてくれたらよかったのに」

と思うことがよくあるけれど、

 

その言葉は、

相手が動くことを求める言葉。

 

サボりぐせのある僕たちは、

 

相手が言ってくれることを、

相手が察してくれることを、

相手が聞きにきてくれることを、

 

ついつい待ってしまう。

 

「聞いてくれたらよかったのに」

という言葉は、

パッと聞くと正しく聞こえる言葉だけれど、

 

でもそれって本当は、

動こうとしない自分を正当化しているだけかもしれない。

 

 

別に正当化することが悪いわけじゃない。

 

でも自分が動かない限り、

世界はいつまでも変わらず、

同じ景色が流れ続ける。

 

 

「本当に自分にできることはなかったのか?」

 

相手が動いてくれることを待つよりも、

まずは自分から動くことを。

 

それが自分の喜びに自分で責任を持つということ。

 

 

またここから肝に銘じて、

やって参るのでございます。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20210808224748j:image