あるがままに生きるために〜"祈りと喜びで育つ畑"エンパス男子の日々のキロク〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

【気づき】目的があるから、前に進める

こんばんは。

エンパス男子の大北です。

 

沖縄にあるコミュニティSangoの住人で、

“祈りと喜びで育つ畑”Sangoファーム中城の園主をしております。

 

目的や、ビジョンってすごく大切。

最近、そう痛感する出来事に直面しました。

 

Sangoでは、

『まるごとSango』というプログラムや、

『WWOOF制度』(主にSangoファーム中城)を通じて、

 

ともに生活し、学びを分かち合う滞在者を募っています。

 

 

最近は、

ちょこちょこ人が来てくれるようになってきたわけですが、

 

どういうわけか滞在される方々が、

ご自身の大きな感情の渦に飲まれ、

作業や生活に対するやる気を失ってしまうことが、

何度かあったのです!

 

とくにSangoファーム中城でのWWOOFなどは、

作業してくれる人が喉から手が出るほど欲しいから始めたはずなのに、

来てくれた方が全然働ける状態じゃなくなり、

しかも僕まで作業せずにその人たちの話を聞いているという状況に。。。。

 

どうしてこうなった!!笑

 

 

そんなことが起こる中で、

見えてきたのが、

 

『方向性』が足りないということ。

 

 

 

前進しよう、成長しよう!

とはよく言ったものですが、

 

向かう先がないと、

どう前進して良いのかわからない。

 

なんのために前に進むのかわからない。

 

だから前に進む意欲も、

成長しようという気持ちも失せてしまう。

 

ワンピースを目指すから、

苦難も乗り越えられるってもんなんですよ。

 

 

Sangoにいる僕たちが、

方向性を示せてないから、

 

来られる人たちは、

どうして良いかわからなくなっていたわけです!!

 

たしかに、

『まるごとSango』の『WWOOF』も、

その紹介文の中で強く打ち出しているのは、

 

「暮らしを大切にすること」

「その中で自分を理解し、気づきを分かち合うこと」

の2つでした。

 

その先に何があるのか?

が示せてなかったわけです。

 

 

だから来られた方々にとったら、

感情が湧き出て当然といえば、

当然なのかもしれません。

 

「自分を理解する」というメッセージを受けてきているわけだから、

暮らしの中、なにかのきっかけで感情が湧き出てきて、

自分を見つめる時間が必要になる。

 

その結果何も手につかなくなるというのは、

自然な流れのようにも思えます。

 

 

僕も昔はそうでした。

自分の感情で精一杯で、

目的意識なんて持つ余裕がなくて、

 

暮らしの中で湧き出て来る

様々な感情と向き合い続ける日々。

 

その中で自分という人間を理解し、

生きやすくなったわけなので、

あながちそのプロセスは間違いではない気もします。

 

 

でも一方で思うのです。

 

目的があるから、

人は力強く前に進めるのだと。

 

 

この祈りと喜びで育つ畑「Sangoファーム中城」での活動を通じて、

人の想いが植物たちに与える影響を様々に実験するにつれて、

 

地球のことを深く意識するようになり、

「地球とともに豊かになる」という方向性が、

明確になってきた今、

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

前に比べて、

気持ちの切り替えが格段に早いのです。

 

自分を理解するスピードも、

前進しようという意欲も、

昔と全然違います。

 

 

ただただ感情に振り回され、

あの頃の僕は方向性を見失っていたのです。

 

何をしたら良いのか、

どこに向かって良いのかわからないから、

自分の感情と向き合い続けるしかなかったのです。

 

つまりは、

暇だったんです!!!笑

 

やることないから、

自分と向き合うしかなかったのです笑
(っていうかやることサボってた笑 サボリ魔な僕です。)

 

それもまた、

僕自身に「安心」するために必要な時間でした。

 

そして当時も、自分の中では希薄ではあったものの、

Sangoの「理念」と「生き方の道」という方向性があったから、

なんとか前に進めたのだと思います。

 

 

自分たちの中に希薄であったため、

ここに来られる方々に対して、

僕たちは「方向性」を示すことができなかった。

 

だから滞在者さんたちも、どうしていいかわからず、

ただただ感情に振り回されてしまった面があったのでしょう。

 

ごめんなさい!!

 

 

今一度、

自分たちの発信するメッセージを見直す時です。

 

「Sangoという船がどこに向かおうとしているのか?」

 

どんなラフテルを目指してるのか??を

しっかり示した上で、

共感してくれた人々とともに、

喜びを分かち合ってゆけたら嬉しいですね。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20201212214349j:image