あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

【気づき】「当たり前」に生きている日々を何よりも大切に噛みしめる。

『道』という映画を見た。

 


映画の名シーン「道 [最高画質版]」

 

僕の大好きな『日日是好日』という邦画の中で、

冒頭に語られる映画。

 


『日日是好日』予告 2018 年10 月13 日(土)公開

 

とても素晴らしい映画だった。

 

自分には何の価値もないと嘆いた主人公が、

どれだけ素晴らしい役割を果たしていたかを見せられて、

 

「当たり前なことの中にこそ、価値がある。」 

ということを改めて気づくことができた。

 

 

僕たちは、

自分に「価値」をつけたがる習性を持っていて、

その性質ゆえに、非凡になろうとする。

 

「他の人と同じことをしては埋もれてしまう。」

「自分にしかない才能は何だろうか?」

「他のサービスと差別化を計らなくちゃいけない。」

 

自分の個性、オリジナリティを求め、

オンリーワンを目指そうとする。

 

そうでなくては、

この社会ではうまくやっていけないと、

思い込んでいる節がある。

 

 

非凡である人が取り上げられ、讃えられ、

成功者とされ、周りから憧れられる。

 

だからこそ、

平凡な自分であることを卑下し、

「自分だけの価値」を探し求めてしまう。

 

そんなところが自分にも大いにある。

 

 

とかく、

こうしてSNSなどで発信をしていると、

他の人と比較して、どうやったら目立てるだろうか?

とつい考えてしまう自分がたくさんいる(笑

 

それ自体も遊びの一つだし、

決して間違っていることではない。

 

でも、非凡であることを求めすぎると、

誰もがしている「当たり前のこと」の価値が見えなくなる。

 

 

当たり前のようにしている生活。

 

毎日太陽が上り、光がさす。

夜になると、虫の音が響き渡る。

 

晴れた日には、

洗濯物がよく乾いて、気持ちよくて嬉しい。

雨の日には植物たちが恵みを受けて、喜んでいる。

 

寝起きしている部屋、仕事をする場所が、

ちゃんとある。

 

そんな場所を大切に丁寧に掃除すると、

場が喜ぶ。そして僕の心も晴れてゆく。

 

毎日、命をいただいている。

 

目の前に差し出された野菜・肉・魚。

様々な調味料。

その一つ一つに関わっている人たち。

 

様々なもののお陰様で、料理が作れている。

 

美味しいご飯に、顔がほころび、

喜んでいただいた命が、僕の血肉となっている。

 

「どんな自分でも大丈夫」だと安心できる場所がある。

 

この場所で共に歩めている仲間がいる。

支え合い、助け合い、

時に泣き、時に笑い、時に喧嘩し、時に抱きしめ合う。

 

応援してくれる人たちがたくさんいる。

 

「広げたい。」と言ってくれる人がいる。

「手伝えることあるか?」と聞いてくれる先輩がいる。

「これ要るね?」と材料を譲ってくれる方がいる。

 

僕たちの生きるを支えてくれる人たちのお陰様で、

僕は今生きている。

 

愛されている。

家族に、仲間に、パートナーに愛されている。

 

僕の命を掬い上げてくれた人たちがいる。

可能性を信じ続けてくれている。

 

僕の命を使い道を、僕の尊厳を、

僕と同じくらい、いや時に僕以上に、

大切に考えてくれる人たちがいる。

 

目の前にいる大切な人たちが、

もしいなくなったらと想像してみる。

 

胸がギューっと締め付けられる。

 

この文章を書いているだけで、

泣きたくなる。

 

20歳の時に母を亡くした僕は、

「当たり前」は当たり前じゃない。

ということを知っている。

 

でも時に忙しくなると、忘れそうになる。

大切にできなくなる。

 

だから、

何度でも書き記そう。

 

今日も僕は起きれてる。

仲間に「おはよう」が言えている。

 

笑顔で伝え合うことができた。

有難うも伝えれた。

 

嬉しいが何度もあった。

大変!って思うこともあった。

 

あんなに死にたいと思っていた僕が、

今日は生きていることが嬉しいと思えている。

 

 

全部、今日も僕が生きているから、

味わえていることだ。

 

 

「Sangoは当たり前のことを何よりも大切にしている場所だと、

私は思っているよ。」

と仲間が伝えてくれた。

 

「そうだね。」と僕も頷く。

 

そんな場所に、

自分が今居れていることが有難い。

 

当たり前に生きている日々を、

何よりも大切に嚙みしめる。

 

そんな一日でした。

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20200520212327j:plain