あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

【気づき】草との戦いを手放す。

今日も引き続き、

草刈りざんまい。

 

 昨日の気づきもあり、
今日もほどほどにやろうと試みる。

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

今日は昨日よりもさらに草ボーボーの地域に

足を踏み入れた!!

 

f:id:naturalhspman:20200417232906j:plain

 

今日は昨日よりも、

草が太くて硬い。

 

昨日はワイヤーで草を刈っていたけど、

今日は刃に切り替えた。

 

 

こちらが ワイヤー 

 

 こちらは刃

 

ワイヤーは、とっても楽。

 

草を弾き飛ばしてくれるため、

ただ草に当てていくだけで、

なんの抵抗もなく刈れていく。

 

 

 

一方、刃は草をなぎ倒す。

なぎ倒すから、

倒れた草が草刈り機に乗っかってしまう。

 

それゆえに、

体を振り、多少の遠心力をかけてやらないと、

うまく草刈りできない。

 

ゆえに、体への負担は

刃の方が大きい。

 

刃で草ボーボー地域の草刈りをするときは、

いつも終わった時にはヘトヘトだった。

 

 

でも昨日、

ほどほどを学んだ僕は、

今日も一味違った。

 

どうしてヘトヘトになるのか、

考え始めたのだ。

 

まず最初にしんどくなるのは、

腕。

 

ボーボーに生えた草は、刈る時の反動が大きい。

もはや草は折重なり、壁みたいになっていて、

刈る時に腕にすごい跳ね返りがある。

 

それゆえに、

腕がどんどん筋肉痛みたいになってくる。

 

じゃあどうして跳ね返りが強いんだろう??

と考えてみた。

 

そしてハッと気づいた。

 

大振りだからだ!!

 

草ボーボーを見ると、

「しんどいから、早く終わらせたい!」って思ってる。

 

そんな気持ちがあるゆえに、

無意識のうちに、

草刈り機を大振りしてしまっている。

 

大振りしていると、

刈るスペースは大きい。

どんどん刈れているように感じる。

 

でも、その代わり、

腕への負担が半端ない!

 

頑張っちゃってるわけだ。

 

言ってしまえば、

早く終わらせたいという気持ちゆえに、

草と戦ってしまっているのだ。

 

そりゃー草たちだって、

戦いを挑まれたら、抵抗するよね!!

 

抵抗されたら、

僕もすんなり進めず、疲れちゃうよね。

 

 

そんなことに気づき、

小ぶりで草を刈り始めてみた。

 

すると、

とっても楽。すいすい切れる。

 

心に余裕が生まれ、

草の生え方がどんどん見えてくる。

 

草たちが成り立ちを教えてくれる。

どう刈ればいいか教えてくれる。

 

同じように生えてる草たちも、

生え方はそれぞれだと気づいた。

 

それぞれに合わせて、

刃を当てる角度を変えていく。

 

さらにスイスイ切れていく。

どんどん負担が減っていき、

今日もとっても楽しく草刈りできた!

 

 

草ととっても仲良くなれた1日。

 

自分とも、

目の前のものと戦わない。

 

手を取り合って、一緒に楽しむ。

 

そんな気づきをいただいた今日に感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20200417232916j:plain