あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

【気づき】主人であれ。我がままであれ。

先日の月に一度の畑作業日。

 

畑にSangoの面々や、

その他の有志の方が集まって、

作業を共にする日なのでございます。

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

気になっていた木の剪定を、

思いっきりしたわけでございますが、

 

当初は、

ジャガイモ掘りをする予定でした。

 

きっかけは少し前。

あるスタッフの一言。

 

「たまには収穫する日もあってもいいよね。」

 

そんな何気ない一言が、

心の奥に引っかかったのです。

 

僕は思いました。

 

「いつも畑の整備ばかりしてるけど、

もしかしてみんなそれだけじゃ嫌なのかな??」

 

そうです。

僕はスタッフのその一言を、

マイナスに捉えてしまったのです!!

 

そして生まれ出る、

罪悪感と遠慮。

 

無意識に、

「みんなをもっと楽しませないと。。。」

「つまらないって思われたらもう来てもらえなくなる。。。」

そんな思い込みが生まれていってしまったのです。

 

結果として、

みんなに楽しんでもらえそうな、

「ジャガイモ掘り」「ほうれん草の間引き」といった、

収穫関連のことが、チョイスされてしまったわけです。

 

 

でも、

ちょっと待って!!!

 

本来畑作業日は、

「畑の主である僕が助けてほしいこと。

手が回らないところを手伝ってもらう。」

という目的でスタートしているのです。

 

つまり、

「畑の主」のためにやっていることなのです。

 

にもかかわらず、

「みんなを楽しませるため」に、

いつのまにかすり替わっている!!

 

オーマイグッネス!!

 

 

その奥には、

「自分のしたいことを手伝ってもらうこと」

に対する罪悪感があったのです。

 

 

そして、

忘れてはならない大切なこと。

 

手伝ってくれる仲間や畑に対して、

最も悪影響なのは、

この罪悪感なのです!!

 

「申し訳ない。」

「手伝ってもらっちゃ悪い。」

「自分は助けてもらってばかりで情けない。」

 

そんな気持ちでいる人と一緒にいて、

気持ちがいいですか!??

 

快く、思いっきり、

手伝うことができますか??

 

否!否でしょう!!

 

 

「助けて!」は

胸を開いて堂々と!!

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

なんども書いてるじゃない!!笑 

 

 

そして、

畑の主人は僕なのです。

 

僕が最も喜べて、

最善を尽くせること。

 

そのためのヘルプミーが、

畑作業日なのです。

 

だから遠慮してる場合ではないのです!!

 

最大の喜びこそが、

最大の奉仕につながる。

 

だからこそ、

 

我がままであること。

我がままであること。

我がままであること。

(大切なことなので、三度書きました笑)

 

今日からまた大切に生きてまいります。

 

本日も気づきに感謝です。

 

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20200402214900j:plain

 

 

🌻お知らせ🌻

・我がまま男子大北は、引き続き皆様の支援を募集しております!!✨

 いよいよ後2日!よければ是非読んでくださいませ!☺️

peraichi.com

 

・こんな僕たちと一緒との生活を体験してみたい方はこちら!!

www.sangookinawa.org

 

 ・4月5日は「ロケットストーブ作り体験」やりまーす!

www.facebook.com