あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

「一人で抱えこむ」という当たり前を手放す

おはようございます。

アスペルガー&敏感男子の大北です。

 

なんでも一人で抱え込んでしまう癖があります。

 

そんな癖を象徴する気づきが

最近ありました。

 

先日、

Sangoの提携事業であるFamily(やーにんじゅ)の

民宿「やんばるの宿 ゆい」での大工仕事を依頼された時のこと。

 

stayjapan.com

とっても居心地のいいお部屋で、オススメです!

 

内容は、

スタッフルームのトイレとシャワー設置でした。

 

同じくSangoスタッフのまりえさんと協同で進めるお仕事。

 

トイレの設置や排水管の工事は初めて・・・!!

どうすればいいかわからず、

とても緊張しておりました。

 

しかも納期も定まっている。

10月15日予定!!

 

HSPの僕は、

目標や納期が定まっていることも非常に苦手。

緊張はさらに深まっておりました。

 

にもかかわらず、

僕が直接依頼を受け、

まりえさんにその内容を伝えて、

打ち合わせする予定だったのですが、

 

完璧主義の僕は、

自分の中の構想が固まるまで、

打ち合わせをしようとしませんでした。

 

お得意の先延ばし癖が発動したわけです笑

 

Family(やーにんじゅ)の人たちと打ち合わせをし、

ゆりさんに設計図を書いてもらうことまではできたのですが、

肝心の大工を進めるスタッフ同士での打ち合わせは、

やっと昨日することができたのです!!

 

Familyから依頼を受けてから、

実際の打ち合わせに至る時間、

 

20日!!!!!

 

もう納期まで半分を切っております(爆

 

とんでもない先延ばしですね。

 

 

打ち合わせするまでは、

 

「打ち合わせしなきゃいけない!」

という気持ちと、

「畑仕事も進めたいのに!!」

という気持ちと、

「ちゃんと構想を整えてから打ち合わせしなきゃ!」

という気持ちが、

 

ごちゃごちゃになり、

整理がついておらず、

とってもイライラしておりました。

 

頭で考え、感情でいっぱいになり、

全く行動に移ることができていませんでした。

 

しかし昨日、

実際に打ち合わせをしてみたら、

 

あれよあれよと話が整っていくではありませんか!!

 

まりえさんと役割分担することで、

畑仕事も進めることができそうだし、

(僕は水道担当、まりえさんは大工担当)

 

どうやって進めていくかも明確になりました。

 

しかもしかも、

隣の水道屋さんのおじさんに

トイレの配管を相談しにいったら、

 

排水管の工事は、

指導しながら一緒にやってくれることになったのです!!

なんと無料で!!!

 

感情も物事も、

スーッと流れてゆき、

打ち合わせした後に、

早速工事の準備に取り掛かることもできました。

 

誰かと共有し分散するだけで、

こんなにも心も体も軽くなるのだ!

ととってもびっくりしました。

 

 

幼い頃から、

いい子でいなきゃ!が強くて、

相談することが苦手で、

 

夏休み終盤に

宿題ができていないことがバレて、

泣きながら宿題をする笑

 

そんなタイプの子どもでした。

 

そのような状況になると、

親は決まって手伝ってくれたわけで、

 

「自分のことだから、一人でやりなさい。」

と言われたわけではなく、

 

助けを求めれば、

協力してくれる親や家族だったのに、

 

相談することが全然できませんでした。

 

僕が中学2年生の時、母が入院してからは、

その傾向は特に顕著になってゆき、

 

親に弱音を吐いたり、進路相談をした覚えが、

ほとんどありません。

 

基本的に決めてから事後報告でした。

 

今振り返ってみると、

子どもの頃からすでに、

一人で抱え込むことが当たり前だったのです。

 

愛着障害の愛着不安にあたる症状を

自分が持っていたのです。

 

 

そんな僕だから、

一人で抱えこむことが標準装備。

 

抱え込んでいることにすら、

気づけなかったのです。

 

自分がやっていることも、

自分の悩みも、自分の感情も、

全部一人で処理してしまうことが当たり前な僕なのです。

 

その癖、

頭で考えてばかりで、行動には全然移れない。

 

感情でいっぱいいっぱいになって、

動けなくなってしまった僕だったのです。

 

 

でも、

今回の打ち合わせの件を通じても気づけました。

 

周りを見渡せば、

気持ちを聞いてくれる友がいました。

 

一緒に悩みを分かち合い、

仕事を分担できる仲間がいました。

 

最近は、

ありがたいことにSangoの関わりの中で、

作業をご奉仕で手伝ってくれる大工経験者の先輩も、

どんどん増えてきています。

 

 

 

コミュニティで生きている僕なのだから、

一人で解決しようとする必要はなくて、

もっと分かち合ってよかったのです。

 

両手いっぱい自分で抱え込もうとするのではなく、

その手を広げるだけで、

こんなにもたくさんの手が差し伸べられていたのです。

 

「一人で抱えこむ」という僕の常識を手放し、

「自分を分かち合う」という非日常を

現実にしていく。

 

そんな一歩を踏み出す今でございますね!

 

今日も気づきに感謝です。

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20190926072254j:plain

 

こんな僕たちと一緒に学びあいませんか??

www.sangookinawa.org



 
草木染めや生葉染め体験もやっています。

yaaninjuyui35.wixsite.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキング参加実験中。ポチっとしてくれると嬉しいです!

 


人気ブログランキング

ランキング参加実験中。こちらもポチっとしてくれると嬉しいです!