あるがままに生きるために〜"祈りと喜びで育つ畑"エンパス男子の日々のキロク〜

魂の成長を目的としたコミュニティ『Sango』の住人である大北のブログ。“祈りと喜びで育つ畑”「Sangoファーム中城」の園主でもあり、とっても敏感(HSP・エンパス)なアスぺ男子。沖縄の雄大な自然の中で、仲間と共にあるがままに生きる。そんな日々の暮らし・畑仕事の実験や気づきなどを綴っています。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

人は世界に家族を見る

おはようございます。

アスぺ&敏感男子の大北です。

 

Sangoというコミュニティに所属し、

共同生活を営んで、約4年。

 

その中で常々感じるのは、

人は人との関係性に

家族を見ているということ。

 

一緒に暮らしている誰かを、

自分のお父さんやお母さんにしてしまうのです。

 

僕で言ったら、

年上の女性の前だと、

お母さんの前にいるのような気持ちになり、

いい子してしまったりするのです。

(Sangoの女性は全員僕より年上ですが笑 母だらけ笑)

 

自分が家族の間で培われた癖を、

無意識のうちに、

演じてしまう。

 

人はどこまでも家族でできているのだなぁと

感じる今日この頃なのです。

 

世界に求めるものは

今週出会ったある旅人さんが

伝えてくれた

「各地に安心できる場所を創って生きたい。」

という言葉。

 

そこから伝わってきたのは、

「家族の中で安心したい。」

という想いでした。

 

人は無意識に、

世界に対して、

家族に足りないものを求めてしまうのです。

 

 

僕にも同じことが言えて、

 

就職活動中に面接で語っていた、

「人がイキイキと働ける社会を創りたい。」

という想いの裏には、

 

父がイキイキと働いていない(という思い込み)

に対する不満がありました。

 

当時の僕はあまりにも幼く、

(今も幼いけどね!!笑)

父が家族の大黒柱として、

家族を守ってくれていた大きな愛に、

気づいていなかったのです。

 

でも不思議なことに、

父に対する反発だと気づき、

愛を受け入れることができるようになったら、

 

そんな社会への想いは

どこかへ消えて無くなったのです。

 

 

旅人さんも、

「家族に安心できていなかった自分」

ということに気づいた時、

 

自分が安心する大切さを学び、

喜びに切り替わったのです!!

 

 

世界に見ているものもまた、

家族に還るための学びなのですね。

 

 

今の僕は。。。

今の僕は、

社会に対して何かを求めることは、

ずいぶんなくなりました。

 

じゃあ何を見てるんだろう??

と自分を見つめてみました。

 

すぐに出てきた答え。

 

「自分を理解し、

喜びに生きること。」

 

自分が喜びに生きることが、

地球・宇宙への何よりの奉仕だと

確信している今があります。

 

そんなことができている今の生活を

誰かと分かち合い、学びあえたら、

なお幸せなのです。

 

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

そして一つ気づいたのです。

 

自分を理解したい。

 

その想いの中にもまた、

家族を理解したい。

 

という気持ちがあったということに!

 

家族のことが

大好きであるということですね笑

 

 

やっぱりどこまで言っても、

人は家族に生きていて、

 

家族を愛しているし、

愛せなかったとしても、

愛していたいという想いが

あるのですね。

 

今日も気づきをいただけたことに感謝です。

 

まるっ!!

 

f:id:naturalhspman:20190622071401j:plain

 

 

そんな僕たち(笑)と一緒に生活する仲間を募集中なのです♫

www.sangookinawa.org

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキング参加実験中。ポチっとしてくれると嬉しいです!

 


人気ブログランキング

ランキング参加実験中。こちらもポチっとしてくれると嬉しいです!