あるがままに生きる〜敏感男子の山畑暮らしな日々〜

沖縄の山&畑で暮らす中で、“自分を生きる・自然と生きる喜び”を探求しているHSP&アスペルガーな男子。その日々の実験や気づきを書いてます。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

自分に向かう喜び

こんにちは。

アスペ&敏感男子の大北です。

 

最近、

とっても素敵な本に出会いました。

 

www.naturalspirit.co.jp

 

末期ガンとなり、臨死体験を経て、

奇跡的な治癒を遂げた女性、

アニータ・ムアジャーニさんの著書

『喜びから人生を生きる』

 

この本を読んで、

たくさんの気づきと感動を得たのです。

 

内に向かう喜びに気づいた

今日はちょっと真面目なお話。

(いっつも真面目だけどね!)

 

外と内とのギャップ

この本の中で、

アニータさんは末期癌の治療中、

 

外に向ける顔と、

内面とのギャップに苦しんだと、

書かれています。

 

お見舞いに来た人や、自分の友人には、

前向きで元気な様子を見せる一方で、

内心は死への恐れに苦しんでいたと。

書かれていました。

  

僕は、その様子を

自分の母の姿と重ねたのです。

 

僕の母は白血病で、

僕が20歳の時に光に還りました。

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 そんな母との物語はこちら!!1万字を超える初期の大作!!(笑

 

7年間の闘病生活を通じて、

入退院を繰り返していた母。

 

入院中の病院では、

周りの末期の患者さんを励まし、

勇気づけ続けていたのです。

 

いつしか母は周りの患者さんから、

「太陽みたいな人」「聖人」と(正確な表現は定かではない!)

言われるようになっていました。

 

退院や一時外泊で家に帰って来た時も、

家事を一生懸命こなし、気丈に振舞おうとする、

彼女の姿がありました。

 

当時の僕には、

母はとても強い人に見えました。

 

でもやっぱり母にも、

たくさんの不安や恐れがあったのだと、

今は理解できます。

 

母もまたアニータさんと同じように、

その恐れや不安を周囲に見せることはありませんでした。

 

唯一、僕の父や祖父(母にとってのお父さん)にだけは、

自分の内面の恐れを表現し、ぶつけていました。

よく喧嘩していました笑

 

この2人が母にとっての安心だったのだということも、

最近やっと理解できるようになりました。

(僕も大人になってきたもんだなぁ笑)

 

そして、母もアニータさんと同じように、

外に「どう見られるか」に意識がいき、

内側とのギャップに苦しんだ人だったのです。

 

大きな安心に包まれる

僕は本を読み進めていく中で、

そんな母の姿を思い出し、

なんだかどんどん胸が

苦しくなっていったのです。

 

でも、

アニータさんの臨死体験の記述に行き着いた時、

とても安心しました。

 

死の先に待っているのは、

大きな愛と平安なのです。

 

死は苦しみではなく、解放で、

そこには無条件の愛があるだけだと、

本には書かれていました。

 

その感覚は僕にも理解できました。

(当然、僕もそこを通って生まれてきてるのだから、

覚えているのですね)

 

母が苦しみや葛藤の経験を終え、

愛と平安にたどり着いたんだなぁ。

と思えた時、

 

なんだかとっても安心したのです。

 

恐れと向き合う

アニータさんは、

臨死体験から帰ってきて、

自分の顔を鏡に写した時、

 

その病気で変わり果てた顔を見て、

「どうして、これほどの苦痛を自分に与えてしまったのか?」

と思ったそうです。

 

病気は恐れが生み出すもの。

 

つまり、

自分で創り出すものなのです。

 

本当はありのままの自分で許されているのに、

恐れや思い込みから、

こんな自分じゃダメだと否定し、

自分で自分をいじめてしまう。

 

その結果が、

病気として現れているのですね。

 

自分がすべての源だからこそ、

自分の恐れと向き合い、

解放してゆく必要があるのですね。

 

内に向かう喜び

カエルの子はカエル。

 

母の子である僕には、

やっぱり母と同じように、

外側にばかり意識を向けてしまうところがあるのです。

 

ここ最近はまさにそうで、

 

イベントで野菜販売することになり、

そのイベントに向けた準備にばかり、

意識を向ける毎日!!笑

 

「お野菜、売れるかなぁ。」

「ちゃんと量が確保できるかなぁ。」

「こんな変わった僕たち、受け入れてもらえるかなぁ。」笑

 

などなど、

不安!不安!不安!

 

外にばっかり意識が向きすぎて、

またもやうっつになりそうだったぜ!

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 こちらは最近の大作ですね笑

 

そんな不安まみれな僕を

自分に戻してくれたのが、

この本でした。

 

外にばかり意識を向け、

自分を無視して、

頑張り続けていた自分に対して、

 

そんなに自分をいじめなくていい。

ありのままの自分でいることが、

何より素晴らしいことで、愛なんだ。

 

と伝えてくれたのです。

 

外に向かって

自分をどう見せるか、何を為すか?

どんな風に認められるか?

が大切なのではないのです。

 

本当に大切なのは、

自分に対して、

何をさせたのか?何を見せたのか?

どんな喜びを与えたのか?

なのですね。

 

それは、

母が自分の人生を懸けて、

僕に教えてくれたことでもあるのです。

 

母がいなかったら、

今の僕はありません。

 

だからこそ

今日も僕は改めて、

自分に向かう喜びを、

存分に楽しむのでございます。

 

今日も気づきに感謝です。

 

まるっ!

 

f:id:naturalhspman:20190430203202j:plain

 

 

そんな僕たち(笑)と一緒に生活する仲間を募集中なのです♫

www.sangookinawa.org

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキング参加実験中。ポチっとしてくれると嬉しいです!

 


人気ブログランキング

ランキング参加実験中。こちらもポチっとしてくれると嬉しいです!