あるがままに生きるために〜HSP男子の自分研究帖〜

沖縄にある霊的成長を実験するコミュニティ“一般社団法人Sango”のスタッフ大北のブログ。HSP・アスペルガー・性別違和症候群などの特質を持つ僕が、あるがままに生きるために、日々自分を研究し、気づいたことを書き記しております。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

うっつ創世記 2日目 〜内なるサインに気づく〜

f:id:naturalhspman:20190424192458j:plain

 

おはようございます。

 

敏感&アスペ男子の大北です。

ただいま絶賛うっつです!

 

うつ創世記2日目に入りました。

 

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

ドキドキしてましたが、

 お陰様で、第1回は案外好評でした。

 

ちやほやされることで、

うっつ状態から脱することができるかもしれません笑

 

なので、

引き続きご愛顧くださいませ!!笑

 

 

敏感さ際立つ

うつ状態に入ってから、

敏感さが際立っております。

 

周りの人間の感情が、

ビンビン伝わってきます。

 

怒ってる人は、

なんか周りからピリピリ出てます。笑

 

顔を見るのも怖いです笑

 

 

自分の感情も超敏感に変化します。

 

些細なことですぐに落ち込みます。

 

メールの文面がドライだっただけで、

自分が何かしでかしたのではないかと

ビクビクし始めます。

 

逆に嬉しいことがあった時、

心が軽くなることも、

敏感に感じ取ります。

 

表面的には

うつうっつとしておりますが、

内心は色々と忙しいです!

 

 

敏感さが際立っているのはなぜか?

 

うつになることで、

自分の心の内側に

意識が向いているのです。

 

ものすっごく気分が重いので、

周りに意識を向ける余裕がないのです。

 

「うつです!」と宣言し、

周りに受け入れてもらっているという安心感もあり、

周りの目もあまり気になりません。

 

したがって、

ものすっごく自分の内側に

意識が向いているわけです。

 

 

本当はいつも敏感で繊細

 そんな中、

気づいたことがあります。

 

それは、

常日頃から敏感で繊細である

ということ。

 

たとえば先述の

「相手からのメールの文面がドライであること。」

 

それに落ち込んだり、傷ついたりしているのは、

うつ状態だからではないのです。

 

本当は、

普段から傷ついているのです。

 

でも、

周りばっかりに意識がいき、 

 平気なふりして、

 

自分が傷ついたことに

気づいてなかったのです。

 

気づいてないだけで、

ブロークンマイハートだったのです!!

 

うっつは心のサイン

そんな無意識の心の傷が、

澱(おり)のように積み重なり、

 

いつの間にか、

心も体も動かなくなってしまう。

 

それがうつ状態なのですね!

 

 

つまり

うっつは、

「自分を無視してるよー!

自分の内側にもっと目を向けなさいよー!!」

という心のサインなのですね。

 

もっともっと

自分の内を見つめてゆきます。

 

うつを通じた自分発見、

なかなか楽しい♬

 

今日も気づきに感謝です。

 

まるっ。

 

 

こんな僕たち(笑)と一緒に植樹してくれる仲間募集中です〜!!

sango-okinawa.hatenablog.com

 

 

一緒に生活する仲間も募集中なのです♫

www.sangookinawa.org

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


人気ブログランキング