あるがままに生きる〜敏感男子の山畑暮らしな日々〜

沖縄の山&畑で暮らす中で、“自分を生きる・自然と生きる喜び”を探求しているHSP&アスペルガーな男子。その日々の実験や気づきを書いてます。敏感男子、ただいま地球に適応中٩( 'ω' )و

それぞれの役割 〜こだわり押しつけ症候群から気づいた、違いを活かし合う大切さ〜

おはようございます。

敏感&アスペ男子の大北です。

 

芋けんぴが大好きです。

コンビニで買うお菓子は

ほぼ100%芋けんぴです。

 

そこから見られるように、

 

僕には

「こう!」と決めたら、

他の考えた方を一切受け付けない。

 

そんなこだわりの強さがあります。

アスペルガーな人たちによく見られる傾向ですね。)

 

そのこだわりは、

自分が「したい」からしてるわけで、

そのままだったら何の問題もないわけです。

(実際には問題もあるんだけど、それはまた別の話笑)

 

しかし・・・!!

 

こだわりが強いあまり、

それを相手にも押しつけちゃうところがあるから、

厄介なわけです!

 

本日はそんなことに気づいた

お話。

 

 

どうやって支える??

先日、

僕が所属しているコミュ二ティSangoの

月一回の全体ミーティングがありました。

 

www.sangookinawa.org

 

その中の議題の一つ、

「Sangoをどう支えるのか?」

でした。

 

今後のSangoの運営や、

経済をどう循環させていくのか?

 

という議題でございました。

 

 

僕はSangoの畑部門、

Sangoファーム中城の園主なのですが、

(えっへん!)

 

最近かなりやる気満々なのです。

 

どんな風にやる気かと言いますと、

「よっしゃ!いっちょ稼いだろやないかい!」

 

みたいな気持ちになっていたわけです。

 

 

そんな風に思えることは

以前の僕からは考えられないことで、

 

自分に自信がついてきたという意味では、

素晴らしいことなわけです。

 

 

しかし。。。

 

 

「稼ぎたい!」という気持ちが、

前面に出ている僕。

 

他の人に対しても、

「稼ぎたい!」を

押し付けるようになり始めたのです。

 

それぞれが

「〜して支えたい。」

と言っている中で、

 

「環境整備をしたい。」

「裏方に回りたい。」

など、

 

「稼ぎます。」という方向の

発言じゃないと、

イライラし始めるのです。

 

「いやいや、稼がないとダメな状況でしょ。」

とか、

「僕はこんなに頑張ろうとしてるのに、

なんで楽をしようとしてるの?」

(「頑張ろうとしてる」とか思っちゃってる時点で、無理してる感が笑)

 

みたいな想いが勝手に募り、

 

表には出さないまでも、

チクチク相手を刺し始める、

小姑みたいな自分が出てきたのです!!

 

なんということでしょう。。。

 

 

こだわり押しつけ症候群をもつ男

おかしい!

おかしいぞ、大北さん!

 

だってSangoはこんなコミュニティだって

書いてあるよ!!

 

「どんな自分でもいい」という安心の中で、

自分を素直に表現し、共に成長しあえる

コミュニティがSangoです。

              (一般社団法人Sango公式HP より抜粋)

 

ここに集まる人たちは、個性豊か。

それぞれが自分のやりたいことを、

暮らしの中で楽しめる今があります。

畑・料理・発酵・雑貨・染物・

山仕事・大工・掃除・縫い物などなど。

 

色んな“やりたい!”が循環し、

暮らしを彩っています。

              (一般社団法人Sango公式HP より抜粋)

 

君がいう

「お前も稼がなきゃいけないじゃん!」発言が

まかり通ると、

 

Sangoは全然、

「それぞれがやりたいことを暮らしの中で楽しめる」

環境じゃないし、 

 

「どんな自分でもいいという安心」

も全くないYo!!

 

オーマイゴット!!_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

そうなのです。

僕はこだわり押しつけ症候群をもつ男。

 

自分が「稼ぎます。」

と言えることが嬉しくなったあまり、

 

それが自分のこだわりとなり、

 

周りの人間も、

自分と同じこだわりを持って当たり前

だと思うようになってしまったのです。

 

したいことは人によって違う

当たり前の話だけど、

「したいこと」は人によって違うのです。

 

僕のしたいことが、

必ずしも他の人にとって

「したいこと」ではないのです。

 

それを押しつけちゃったら、

その人にとっては、

「しなきゃいけない」こと

になってしまうのです。

 

それはとっても苦しいこと。

 

誰もかれもが、

自分の「したい」ことができている時、

とっても嬉しいのです。

 

その喜びの中でこそ、

その人の可能性が100%以上、

開かれていくのではないだろうか??

 

それぞれの役割・違いを活かし合う大切さ

自分の「したい」ことを大切にして、

喜び120%で生きている。

 

そんな人たちが集まったら、

どんな素敵な循環が生まれるんだろう??

 

大切なのは、

「お金」じゃない。

 

それぞれの喜びであり、

「命」の輝きなのです。

 

畑をしたい人がする畑。

山を管理したい人がする山仕事。

料理したい人が作るご飯。

みんなを支えたい人がする事務仕事。

 

それぞれの役割

がちゃんと用意されているのです。

 

それぞれのやりたいことが

違うから、

 

手を取り合って、助け合って、

生きていく。

 

それがコミュニティであり、

そこに1人ではなし得ない、

大きな喜びが生まれるのではないだろうか?

 

頑張らなくていい。

 

自分の喜びに素直で、

一生懸命であること。

 

それをみんなでしていけば、

きっと喜びは循環していく。

 

僕も、Sangoも、

そんな実験に踏み出す今なのです。

 

だから僕も、

こだわりを押しつけることを手放し、

もっと目の前の人を信頼してみます。

 

 

今日も気づきに感謝なのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

まるっ!

 

f:id:naturalhspman:20190420200858j:plain

 

こんな僕たち(笑)と一緒に植樹してくれる仲間募集中です〜!!

sango-okinawa.hatenablog.com

 

 

一緒に生活する仲間も募集中なのです♫

www.sangookinawa.org

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村